キャッシングと給料振込口座を同じにすると良いですか?

銀行でキャッシングしようと考えているんですが、キャッシングの口座と給料振込口座は同じにすると良いですか?いくつかの銀行に口座を持っているので、悩んでいます。

銀行ローンの内容を確認してください!

銀行でキャッシングをするのは良いですが、その銀行、その銀行でサービス内容が異なるため、一概に銀行ならどこでもあなたにとって良いとは限りませんし、借りられる、借りられないといったこともあるでしょう。(参考ページはこちら→借入先によってサービスは大きく変わってきます

キャッシングと給料振込口座を統一するメリットは、多くの場合、あります。それは、銀行引き落としで返済をする場合に、安定して忘れずに返済できるということや、いちいち別の口座にお金を移す必要がないことなどが挙げられます。また、銀行によっては、同じ口座を指定すると金利が下がるといったサービスを行っているところもあります。

また、口座のある銀行と同じ銀行でお金を借りることで、身分証明書の提出を不要にすることができる銀行もあります。

メリットがあるからといって、あなたがそこで借りたほうが良いと、私が言うことはできません。選ぶのはあなたです。それに、銀行ローンでも金利はまちまちですし、サービスもその銀行によって差があります。銀行で10万の枠をもらうとき、その金利は10%のときもあれば、18%のときもあります。それは、銀行によって違うため、あなた自身がより良いところを探す必要があります。

いくつかの銀行口座を持っているのであれば、それぞれの商品概要や説明を読んで、どこが最も自分にとってメリットがあるか、という基準で見てみてください。場合によっては、ATMの利用のしやすさなど、細かいところで差がある場合もあります。

【参考ページ】
借り入れ先選びで迷うなら誰かに聞くのも良い?

キャッシングの返済に給料と同じ口座の指定がお勧めな理由とは

クレジットカードやカードローンのキャッシングは、買い物や旅行の資金に、または今月足りない生活費を捻出するために、いつでも利用できるのが便利なサービスですが、その金額の大小に関わらず、ルールを守って利用しないと、後で大変後悔する事態に陥る可能性があります。(参考ページはこちら→お金が返せない場合はどうなる?

そのルールとは、期日までに支払いを済ませることです。一括払いの返済であれば、その期日までに全額支払わなければなりませんし、分割やリボルビング払いであっても、毎月決められた額を必ず支払う必要があります。これをうっかり怠ると、融資する会社から信用されなくなり、一方的に契約を切られてしまう事態に陥ることも珍しくはありません。

例え契約を切られなくても、滞納した分、高い延滞金を支払う義務が発生したり、何度も滞納を繰り返せば信用のできない悪い利用者としてマークされ、他の会社のカードローンやキャッシングを申し込む際に受け付けてもらえなくなることもあります。特に今後、住宅ローンや自動車ローンを利用したいと考えるのであれば、このような事態は絶対に回避しておかなければならないことを、よく覚えておいてください。

銀行や消費者金融のカードローンでは、返済方法としてATMから気軽に行えるケースが、現在では目立っています。しかし、この方法だけに頼ると、ついうっかり返済を忘れてしまう可能性が高まります。

そこでお勧めの方法として、返済では口座引き落としを利用し、その指定口座には給料が振り込まれる口座と同じものを利用すれば、返済のし忘れを回避しやすくなります。カードローンやキャッシングの返済期日を好みの日に指定できるサービスというのも中には存在しますが、これに関してもできるだけ給料の振り込み日の近くに指定するようにしてください。

給料とは別の口座で管理したいと考える人もおられるでしょうが、むしろ現在の支払い能力を知る上でも、給料が振り込まれる口座と同じにした方が、分かりやすくてよいというメリットがあります。