キャッシング利用の女性割合ってどれくらいですか?

女性でキャッシングを利用している人っているんですか?なんか、同じ女性がキャッシングしていないのに、自分だけするのは不安です。みんな、どうしているんでしょうか?
(⇒女性の借り入れの悩みを解消するには

現状、25~30%で増加傾向にあります!

女性がキャッシングを利用している割合は、現状で25~30%ほどで、これは近年、増加傾向にあります。近いうちに、40%くらいになるのではないか、と言われています。この傾向は、特に若い世代で顕著で、キャッシングカードをつくる人の多くが20代、30代という世代です。

このような状況になった背景としては、男性が女性を養う時代ではなくなってきたということが挙げられるでしょう。結婚率も下がり、働く女性が増え、女性の1人暮らしも増加しています。生活資金が不足した場合、家族がいれば、家族の収入も合わせて賄うことができますが、1人で暮らしている場合や、離婚して子どもがいるなどの場合、1人ですべて稼がないといけません。

キャッシング利用者の年収も、400万以下の人が多く、世代間では、それほど低い年収ではないようですが、社会全体からみると低めの年収です。ギャンブルなどでキャッシングをする人も少なくない一方で、生活資金や交際費に困ってキャッシングをする人も、少なくないのが現実です。

女性がキャッシングを利用する場合、男性のスタッフだと利用しづらいと感じる人がいるので、レディースキャッシングというものが存在します。これは、女性スタッフが電話対応、相談などを担当してくれるため、女性でも気軽に利用できるというメリットがある一方、取立ては男性が来て、話が違うと感じる方もいるようです。もっとも、延滞するほうにも原因がありますから、くれぐれも、延滞しないよう、ご注意ください。

銀行の専業主婦OKカードローンも人気があります。限度額は低めですが、専業主婦の方は銀行でお考えください。

キャッシング利用の女性割合を知っておきましょう

消費者金融や信販会社のキャッシングは、担保や保証人が必要ないため、利用している方が年々増加しています。
(⇒融資を提供している会社の種類

男性に比べると、女性の利用者は少ないですが、キャッシング利用の女性割合は約30パーセント程度です。

30代や40代の方は、お子様の進学や高齢者の介護、冠婚葬祭などで出費がかさむことが多く、キャッシングの利用者が多くなっています。

若い20代の女性は、年収が200万円から250万円ぐらいの方が多く、購買意欲もありますし、旅行などのレジャーに関心を持っている方が多いので、キャッシングに関心を持っている方が増えています。

消費者金融や銀行などの貸し金業者は、若い年代の方でも利用がしやすいように、インターネットで申し込むことができたり、利用できるATMを増やしたり、時間外の手数料を安くしていることが多いです。

最近は女性が利用しやすいように、電話や店頭での担当のオペレーターが、すべて女性のレディースローンも増えているので、お金に関する悩みを相談しやすくなっています。

店頭に行くのは、人目が気になるという方でも、インターネットを利用して申し込むと家族に知られることがないので、プライバシーを守ることができます。
(⇒内緒でお金を借りる為に必要な事

女性の場合は、男性に比べると年収が低いので、利用限度額が低くなる傾向がありますが、カードを一枚持っていると、急な出費の時でも慌てずにお金を用意することができます。

男性は、パチンコなどのギャンブルや友人との交際費、出張のための費用などで融資を受けることが多くなっています。

女性の場合は、生活費に補填をしたり、お子様や家族の入院や介護などでお金が必要になる傾向があります。

キャッシングは、事業資金にお金を遣うことができませんが、様々な出費に対応できるので、信頼できる貸し金業者を利用することが大事です。

キャッシング利用の女性割合は、増加傾向にあるため、貸し金業者のサービス内容も充実しているので、上手に活用して下さい。

【参考ページ】
銀行の融資の場合はどう違う?