キャッシングをしていることが仕事場にバレちゃうことはない?

きちんと日々働いてるのですが、歩合制もあって毎月の収入が一定しません。厳しいときはキャッシングを利用したほうがスマートに乗り切れるのではないかと思っていますが、キャッシングを申し込むと、職場に連絡が来ると聞きました。仕事場にバレのだけは勘弁してほしいんです。身内もライバルだから、絶対に知られたくありません。バレない方法はありますか?

申し込み確認や在籍確認は担当者名で電話をしてくるのが常識

基本的にわざわざみなさんの職場にバレるように電話をするのは、お客様を逃すだけで意味のない行動です。金融機関も消費者金融も、キャッシングを申し込んできただけの大切なお客様にそんな危険なことはしません。通常、電話をすることがあっても、担当者名でします。そしてなぜ電話をしたのかを、電話に出た職場の人にすることもありません。ご安心していいと思います。
(⇒融資の審査は安全に受けられます

キャッシングを申し込んできた人に対して、電話をする目的は大きくわけて2種類あります。1つは消費者金融などに多く、一般的に実施されているのですが、「本当に当人が自分の意思で申し込んだのか」を確認するための電話です。
(⇒金融業者によって対応が違う?

この場合は、確実に連絡が取れる電話なら、固定電話でも携帯電話もかまいません。申し込んだ人が希望した電話にかけてきますので、必ず本人が電話に出てください。その場で本人確認をしたり、キャッシングに申し込んだことを確認することになります。

お金の貸し借りは契約ごとです。それだけに、インターネットやFAXでのやり取りだけでも申し込めてしまう現代では、どこかでチェックしておく必要があるのです。来店も不要ですから、せめて電話だけでも、ということです。

しかし電話1本で多くのことがわかります。確実に連絡がとれる電話があること。その電話に本人が出ることで、実際にその人がキャッシングを希望していることがはっきりします。書類やデータだけでは確実とは言えません。

もう1つの目的は、いわゆる在籍確認です。申し込みで記入している会社に本当に勤務しているのか。その会社は本当にあるのか。それを確認したい場合です。このときは、必ずしも本人が電話口に出る必要はありません。申込時に書いた勤務先の電話番号に担当者が電話をかけるのです。そして、申込者を呼んでもらう。それだけです。

いれば電話口に出て話をするだけで終わり。いなければ、また掛けるのですが、それにしても「そんなやつはいない」といった反応があったり、そもそもその電話が使われていなかったりすれば、この申し込みは審査すらできないことがはっきりしますので、電話番号の訂正などを求めることになります。

審査するのにもコストがかかるわけですから、審査に値する人かどうかは、電話1本で見極めることもできるわけです。

このように、職場への在籍確認、本人への申し込みの確認は恐れるようなことではありませんから、それほど気にせず申し込んでみてはいかがでしょうか。それでも不安がある場合は申込時に電話などで問い合わせてみるといいでしょう。

キャッシングを仕事場に知られないようにするには

キャッシングをしていることを周囲の人に知られたくない、と多くの人は考えます。家族にも内緒にするケースもありますが、Web完結型のサービスを利用すれば、最後まで隠し通すことは可能です。最近では消費者金融側の配慮が行き届いていますので、知られないように行動するのも難しくなくなっています。(参考ページはこちら→お金を借りるならやはりネットからが便利?

仕事をしている人達にとって、もっとも知られたくない相手は仕事先の関係者です。今後の仕事に影響を及ぼす恐れがありますし、陰口を言われて職場に居辛くなったり、社内の雰囲気を乱す恐れもあります。キャッシングのために仕事を失っては元も子もありませんので、周囲に知られないように慎重に行動することが求められます。

仕事場に知られるきっかけとして心配されるのが、勤務先への在籍確認です。勤務先に直接電話をかけられますので、自分が直接電話に出られなければ周囲に知られてしまうのではないかと不安を感じる人も少なくありません。

在籍確認はキャッシングを行う上で必要なことであり、基本的には避けては通れない道ですが、実は職場の人に知られる心配はまずありません。というのも、貸金業法には契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならないという定めがあり、消費者金融側が自分の社名を名乗ることはあり得ないのです。多くの場合には個人名を名乗ったり、架空の会社名を用いて電話をしてきます。ですから、在籍確認の電話からキャッシングがバレてしまうかもしれない、という不安は抱かなくても大丈夫です。

在籍確認では、必ず本人が出る必要もありません。他の人が出て、外出や打ち合わせ等の返答をすると、在籍が確認されたことなりますので、それでOKです。不安を感じる人は、自分の都合の良い時間帯をあらかじめ伝えておき、その時間に席を外さないようにするというのも有効な手段です。

何らかの理由により、どうしても在籍確認をして欲しくないという場合には、社員証や在籍証明書で勤務先に在籍していることを証明するケースもあります。

【参考ページ】
融資において在籍確認を無くするには