キャッシングの比較ポイントはやっぱり金利ですか?

キャッシングの比較ポイントはやっぱり金利ですか?どうやって選ぶか悩んでいたんですが、最終的に金利以外のポイントがそんなに重要な気がしません。金利で選んでいいですか?

金利が大事だと感じるなら、まずは金利で選んでみてください

金利で選ぶのが良いか悪いか、と言われれば、良いですよ。借金をする上で、金利は非常に重要です。低金利で借りられるのに、わざわざ高い金利で借りることはないのです。審査に通るなら、低金利で借りれば良いんです。

世の中であれだけ消費者金融がはやるのは、銀行で借りる自信がない人がたくさんいるからです。ただ、普通の会社員、公務員といった職業の方であれば、わざわざ消費者金融で借りなくても、特に他社借入がなく、ブラックやホワイトではない方なら、案外、簡単に審査に通ってしまう銀行もありますから、本来、先に試してみるべきでしょう。(参考ページはこちら→安定した職業なら借り入れは確実?

同じ金利でも、あなたが借りたい条件によっては、無利息の期間がある金融会社を選ぶ方法もありますし、あなたが専業主婦なら、金利関係なく銀行である必要がありますし、別の基準で選択する必要がある場合もあります。地方銀行などは、その地域に住んでいる場合でないと借りられないといったケースもあります。

人によっては、金利だけでなく、スタッフの対応を気にする方もいます。それから、電話がかかってきたら嫌、という方もいますね。このような場合、対応の良いと評判になっているところ、電話がかかってこない金融会社を選択するというのも、1つの選び方ではあります。ただ、実利主義の方であれば、こうした事情は置いておいて、金利と返済方式で選択するのは良いと思います。
(⇒金融業者選びの要素は多数あります

返済方式は、リボ払いが最も金利を多く支払う形で、元金定額返済という方式であれば、最も返済負担が大きい一方、最も金利が低くて済みますね。

【参考ページ】
金利負担を考えて融資を受けよう

キャッシングは業者の信頼度が比較ポイント

キャッシングを利用する際には金融業者を選んで申込をしますが、トラブルを避けるには業者の信頼度を比較ポイントにする必要があります。以前であれば高額な金利での融資が行われていましたが、現在では法律によって規制されていることで金利が低く抑えられています。法律を守らない金融業者には信頼性はありませんので、金融業者として正しい経営をしていることが重要です。

消費者金融を経営していくには貸金業法に定める業者登録をする必要がありますので、正しく登録されているか確認してから利用することが大切です。現在ではインターネットから申込む方法が多くなっていますが、WEBサイトには登録番号が掲載されていますので簡単に確認することが可能です。店頭でも登録内容を確認することができるようになっているため、未登録の業者を見分けるのは簡単だと言えます。

貸金業登録をしている業者では法律に従い上限金利を守っていることになるため、以前のような高金利での融資ができないようになっています。現在のキャッシングでは利息制限法の上限に定める20%が上限となっていますので、申込時には必ず確認する必要があります。20%を超える融資はできないため、法外な金利で融資を行う金融業者は未登録業者となります。

キャッシングの比較ポイントには信頼性の他に金利の違いを判断する必要があります。通常であれば5%から18%といった金利が表示されていますが、最低金利と最高金利の性質を知ることも大切です。最低金利は融資限度額いっぱいまで利用する場合の金利となるため、現実的には採用されない金利となります。

消費者金融の融資限度額はほとんどが300万円までとなっていますが、総量規制があることで融資限度額まで利用できる人は限られてくると言えます。年収の制限があるため一般的には100万円が基準になってくると言えます。利息制限法では100万円までの融資には18%金利が適用されるため、最高金利である18%が殆どを占めると言えます。
(⇒総量規制のルールを理解しよう