キャッシングの月利ってどれくらいですか?一般的な数字は?

キャッシングの月利ってどれくらいですか?なんか、よく○%とか書いてあるのは見るんですが、あれは毎月、あれだけの金利がつくわけではないみたいなんですよね。月利はどれくらいですか?一般的な数字でいいので、できるだけ具体的な数字で教えてください。
(⇒ちゃんとした金利の計算についてはこちら

金利表記は年利で書かれています!

銀行や消費者金融のローンページに書かれている金利というのは、すべて年利で書かれています。闇金融でもない限り、必ずそうなっています。闇金融は、金利をまったく記載していない場合や、1週間、10日の金利が書いてあるケースがありますので、そうした妙な表記をしているところで借りないようにしてください。また、年利で20%を超えているものは、現行法では、違法です。

月利を割り出したい場合、記載されている金利を単純に12で割れば出ます。たとえば、金利4.5~14.5%の銀行であれば、0.375~約1.208%という月利になります。消費者金融の例で言うと、たとえば、金利4.6~18.0%の消費者金融だとすれば、約0.383~1.5%という月利になります。

さらに具体的にしてみましょうか。たとえば、ある人が金利14.5%で10万円を借りたとします。これを、ちょうど1ヵ月後に返済した場合、返済するときに支払う金利は、10万円の1.208%となるため、約1208円ということになります。この10万円を、今度は18.0%の消費者金融で借りると、約1500円となります。正確な金利を出すためには、365日で割って、日数をかける日割り計算をする必要がありますが、概算はできますね。

ちなみに、これで100万を借りたのであれば、0を1つ増やすだけでなく、基準となる金利を少し下げたほうが良いですね。多くの場合、100万になると、金利が下がりますので。消費者金融でも15.0%以下になります。大手銀行なら12.0~13.0%の間くらいが多いですね。ただ、この金額を全額返済する人はあまりいないでしょうから、初月の金利だと思ってください。
(⇒低金利なところで借りたいなら比較してみよう

キャッシングは月利になっているのではない

キャッシングを利用するときによく勘違いされているのが、利息が月利になっているという認識です。キャッシングは残高スライドリボルビング払いといって、利用限度額の範囲で自由に追加借り入れや繰り上げ返済ができるようになっていますので、毎月の利息を決めていても借り入れ金額の変動があってそのとおりの支払いにはなりません。そのため、支払いをする日時点の残高に応じて段階的に約定返済額を決めて、そのお金の中から日割り計算した利息を差し引いたものを元本の充当分として充てるという流れになっています。

なお、利息は借り入れや返済をした時点で再度計算することになっていますので、自分で確認するのはかなり複雑です。取引ごとに日割り計算をして、毎月の支払日にはそれらを合算して利息を算出していますので、専用のソフトがなければ自分で管理をするのは難しいでしょう。

もちろん、全く追加借入れや繰り上げ返済をしない場合には、月の日数によって大体同じ金額の利息が差し引かれますので管理がしやすいですが、キャッシングは気軽に追加借り入れができる分、一度の借り入れだけで返済のみを続けるというケースは非常に少なくなっています。

ちなみに、利息の計算方法は、取引時点での借入残高(元本)×年利×前回の取引日から今回の取引日までの日数÷365日で算出します。毎月の決まった返済額の中からこの計算で割り出した利息を差し引いて、残りを元本の返済として充てています。うるう年のときは366日にする業者もありますし、端数は切り上げや切り捨て、四捨五入など細かい取り扱いについては業者によって異なってきますが、大体の計算は共通しています。
(⇒金融業者によってある程度対応は違ってくるもの

この計算で行くと、借入当初はほとんどが利息の返済で元本が減りませんが、繰上げ返済することで元本を大幅に減らすことができ、結果的に利息をかなり少なくすることも可能です。そのため、できれば短期間での借り入れに留めた方が負担が軽くなります。

【参考ページ】
キャッシングの金利については正しい認識を持とう