会社連絡なしで利用できるキャッシングありますか?

私は会社員ですが、会社の同僚や先輩に知られるのが嫌ですので、会社連絡なしで借りられるキャッシングを探しています。どこか、借りられるところはないでしょうか?

連絡がないところよりも銀行をお薦めします

会社連絡なしで借りられるキャッシングというものも、確かに、存在します。ただ、あなたがきちんと会社に所属していて、そこで十分、生活していかれるだけのお金を得ているのであれば、むしろ銀行をお薦めします。(参考ページはこちら→状況によって最適な借入先が変わる

銀行では、キャッシングの確認であっても、会社にかかってくる電話が銀行名になるため、万が一、お金を借りていることがバレたとしても、あなたの信用が傷つくようなことにはなりません。個人名でかかってきても、キャッシング会社だとわかってしまい、取り次がない人もいますが、銀行から借りるのであれば取り次ぐ、という人もいます。

なぜ、連絡のない消費者金融よりも、銀行をお薦めするのか、と言いますと、やはり銀行のほうが金利が低く、社会的な信頼が得られるからですね。また、住宅ローンなどを組むこともあるかと思いますが、そのときに、消費者金融の借金よりも、銀行の借金のほうがマイナスの影響を与えにくいということがあります。

消費者金融は、やはり銀行で借りられなかった人が借りるところ、というイメージがありますから、できることなら、連絡があっても、銀行で借りたほうが良いですね。それでも、どうしても電話連絡が嫌ということでしたら、Web完結型消費者金融や、申し出ることで電話ではない方法で在籍確認ができる消費者金融がありますので、好きなものをお選びください。
(⇒消費者金融の方が審査は簡単?

会社連絡なしのキャッシングは存在するか?

ほぼ全てのキャッシング業者では在籍確認とよばれる会社への電話を義務付けています。個人が借り入れを行う場合には主に消費者金融か銀行が選択されますが、どちらにせよ審査では安定した収入があるか否かが最も重要視されます。このため、安定した収入を得ていないにも関わらず審査に通りたいがために虚位申告する人が後をたたず、金融機関としては在籍確認という方法でこれに対処しています。(参考ページはこちら→融資において在籍確認は重要です

厳格にこれらの対処するためにも在籍確認なしを大々的に宣伝している金融機関はないものの、会社連絡なしでキャッシングを行える業者は多数存在しています。具体的には担当者に直談判する方法が最も一般的です。その際に会社への電話で在籍確認ができないと判断された場合には代替措置をとることで会社連絡なしで借り入れを行うことができるようになります。代替措置は業者によってやや異なりますが大体の場合は間近の給与明細や社員証などの提示が義務付けられます。
(⇒融資申し込みに必要な身分証

代替措置を規模するときに重要なのがやむを得ない事情等を担当者に申告することです。例えばプライバシーの観点から勤めている会社では個人がするかどうか受け答えできなくなっている等の理由です。同僚や上司にキャッシングを利用していることを知られるのを必要以上に怖がる人がいますが、基本的に在籍確認のみで借り入れの利用を知られることはほぼありません。

金融機関側としても利用者が虚位申告をしていないかどうかを確かめるだけであり、利用者になるべく悪影響がないように在籍確認は行われます。消費者金融名を電話口で名乗るようなことは絶対にありません。具体的には提携先の銀行名や一般的に知られていない提携先の企業名を名乗ること等です。クレジットカードを利用したカードローンの場合ではクレジットカードの会社名を名乗っての在籍確認が存在しますが、一般的にはクレジットカードの利用は恥ずかしいことではなくむしろステータスだと思われていますし、何よりもクレジットカード会社からの電話だけで借り入れだとバレる心配はありません。