自己破産後のキャッシング開始はどうすればいいですか?

自己破産後のキャッシング開始について質問です。自己破産して、借りられない期間があり、履歴が真っ白になってしまったのですが、ホワイト状態といって、これも借りづらい状態だと聞きます。こういう状況からのキャッシング開始ってどうすればいいんですか?(参考ページはこちら→融資審査に通りたいのなら知るべき事

分割払いか中小消費者金融の利用を!

ホワイト、スーパーホワイトと呼ばれる、履歴が真っ白の状態というのは、お借入が難しいのが事実です。履歴が真っ白というだけで、旧ブラックとして扱われますので、緩い金融会社でなければ、借りることができないんです。(参考ページはこちら→緩いと言われる金融業者もある事にはある?

こんなとき、使える方法が2つほどあります。まず、ショッピングの分割払いを利用することです。これは、たとえば携帯電話などでよく利用されます。携帯電話は、毎月の料金に加えて分割で携帯電話を購入するための代金を乗せているというのが、よくあることですので、こうしたものでとにかく、借金の履歴をつくっておくのです。

もう1つ、緩い金融会社でお金を借りることです。少額で構いませんが、実際にお金を借りて完済するという実績をつくることで、借金をしやすくします。ただ、緩い消費者金融を利用するだけで、銀行で借りづらくなるということもありますので、分割払いがベターですね。

クレジットカードの1枚でも持てるようになれば、成功です。あとは毎月、必ず支払わなければならないものを、クレジットカード払いで設定すれば問題ありません。

分割払いのほうが信用という意味ではプラスになりますから、もし、何か分割払いができるものを買う目的があるなら、分割払いを利用するのが良いでしょう。

【参考ページ】
自己破産直後の状態についてはこちら

自己破産後のキャッシングを利用するためのアドバイス

多額の債務を抱えてしまって、経済破綻をしてしまい自己破産などの債務整理を経験している方が増えています。(参考ページはこちら→多重債務はやはり危険

自己破産をすると、債務からは開放されますが、家や自動車、生命保険などの資産を手放す必要があります。

3か月分の生活費や、生活に必要なものは残すことができるので、生活を立て直すことができます。

自己破産をした後は、信用情報機関に記録が残ってしまうので、5年から10年間は、ローンを組んだり、キャッシングを利用することは難しくなっています。

自己破産を経験してから、10年ぐらいが経過して、自己破産後のキャッシングを利用したいと考えている方が多いです。

生活を立て直すことができて、安定して継続した収入のある方であれば、一定の審査基準を満たしていると融資が受けられる金融機関も存在しています。

債務整理を経験したことがない人に比べると、利用限度額や融資額が低めになっていることが多いです。

店頭だけでなく、インターネットでも審査を受けることが出来るので、審査結果を待つようにして下さい。

銀行は審査基準が厳しくなっているので、融資を受けることが難しいですが、消費者金融は比較的利用がしやすくなっています。

自己破産後は、しばらくの間はクレジットカードを作ることができませんが、一定期間を過ぎると作ることができる場合があります。(参考ページはこちら→ブラックな状態にも期限がある

審査に受かりやすくするためには、10万円以下の小口の融資を申し込んだほうが良いでしょう。

キャッシングは、急にお金が必要になった時は大変利便性が高くなっていますが、計画的な利用を心掛けることが大切です。

同じ過ちを二度としないために、自分の収入や支出に合った金額だけを利用するようにして下さい。

パソコンを利用すると、利用明細を確認することができるので、毎月の返済額をきちんと確認しておくことが大事です。

2、3万円程度の金額であれば、一括払いで返済をすることが出来るので、なるべく短期間で利用するようにしましょう。