キャッシングリボでブラックリストに載ってしまいました!

キャッシングリボでブラックリストに載ってしまいました。収入があまり入らなくなってしまって、お金が足りないので、払えませんでした。最近、またキャッシングのカードをつくろうと思ったんですが、数箇所受けて、全部落ちました。これってブラックですよね…ちょっと困っています。どうしたらいいでしょうか?

あなたの収入とお借入金額、目的によります

3ヶ月以上滞納したり、債務整理をしたりすると、ブラック扱いになってしまいます。ただ、ブラックリストという名称のリストがあるわけではなくて、信用情報機関の情報が事故者リストに異動されてしまうということですが。

金融事故でブラックが解けるまでには、完済後5年ほどかかります。その間、銀行や大手消費者金融でお金を借りることは難しいですが、返済は続けることになります。
(⇒大手となるとやはりなかなか借りられない?

あなたは、さらにキャッシングカードをつくろうとしていたとのことですが、もし、ギャンブルや他社の返済に利用しようと考えているなら、キャッシングを考えずに、債務整理をしましょう。スクーリングなどの借金も、就職が確定しているようなケース以外は、思うように返済できない場合がありますので、このタイミングでは、やめたほうが良いですね。
(⇒きちんと給料をもらっていないと融資は不可能?

とにかく、収入が少なすぎるのであれば、仕事を探すことから始めてみましょう。ハローワークなどでは、給付金が出る講座などもありますから、必要に応じて利用してみるのも1つの方法です。あるいは、どうしても今、お金に困っているのであれば、破産して生活保護を受けるという方法もあります。

どうしても臨時でお金が必要になってしまった場合、ブラックであっても審査を受けられる消費者金融があります。中小消費者金融の一部は、ブラックでも審査に通った実績がありますから、そうしたところを受けてみるのも1つの方法です。ただ、返済能力がなければ、やはり審査に落ちますから、まずは生活基盤をしっかり整える必要がありますね。

お借入金額が収入に対して多すぎるという場合は、どうしても債務整理をしないと追いつかないでしょう。逆に、一応、収入のほうが多く、無駄遣いをしてしまっているとか、ご家族の病気などでお金が一時的に必要になってしまっているということであれば、借りるのも一策かと思います。

ブラックリストを避けるためにキャッシングで便利なリボ払い

キャッシングやカードローンは大変便利なもので、上手に使うことで生活のクオリティを高め、より自分らしい生活を送ることができるようになります。(参考ページはこちら→キャッシングのメリットを活かそう

ただしその返済方法や資金計画をしっかり確認して利用することが前提条件になっています。(参考ページはこちら→返済計画は借りる前から万全に

カードローンの返済方法にはいろいろなものがありますが中でもリボルビング払いはたいへん便利な返済方法です。

一般的にキャッシングは借りた金額を翌日の一括払いにて返済する契約が多いのですが、これだと次の月にお金が用意できないと金融事故になってしまい、ブラックリストに載ってしまう可能性もあります。

ブラックリストとは、返済が何度も不履行になったり、債務整理などをした場合に、名前が載るリストで、このブラックリストに名前が載ってしまうと、以降一定の期間、カードローンを新たに作ることができなかったり、借り入れができない等のデメリットがあるものです。

そのため、約束を守って、期日までに返済していくことは借り入れをする上で最も大事なものなのです。

キャッシングとは違いカードローンでは返済を月々に行っていく方法が一般的です。

リボルビング払いとは、毎月1万円2万円など無理のない金額を、返済していく方法で、大きなメリットがあるものです。

こうした返済方法だと、特定の月の出費のみ大きくなるということがないので、生活のクオリティを保ちながら借り入れをすることができるようになります。

リボルビング払いをすることによって、月々の返済を計画的に行って、金融事故を防ぐことができるのです。

リボ払いをしていても、臨時の収入があれば前倒しで返済することができるシステムもありますので、そうした繰り上げ返済を利用することで借入期間を短く短縮して、返済総額を減らすこともできるのです。

自分のペースで返済ができるのがカードローンの大きな魅力ですので、そうした自由がある消費者金融を選ぶことが上手な借り入れのポイントとなります。