審査の軽いキャッシングローンなら私でも借りられるでしょうか?

よく審査の軽いキャッシングとか、審査の甘いローンがあるとネットでは書かれています。私は主婦で、現在はほとんど働いておりませんが、そういうところなら、キャッシングを利用できるでしょうか?また、その場合、夫の保証が必要になりますか? 知られずに借りられればいいんですが……。
(⇒良く言われている甘い融資について解説

専業主婦でも利用可能なキャッシングを利用すればいいのです

審査は各金融機関、各業者ともに独自の基準で審査をしています。また銀行系カードローンの多くは保証会社があり、保証会社の基準で審査をしています。ですから「甘い」とか「軽い」というのは、正しい表現ではないと思います。ただし、各キャッシング、カードローンの利用条件をよくお読みください。そこに「専業主婦も利用可能」となっているか、「専業主婦はダメ」と書いてあるか。それをチェックしてください。

甘い、軽いと宣伝している名の知らない貸金業者もかまわないとは思います。地元で地道に経営している貸金業者も多いので、そこでさえも、審査に手加減しているわけではなく、独自の審査基準とノウハウがあるので、他よりも幅広い人を利用可能にしているのであって審査で手加減してくれるわけではないのです。

基本的に、お金を貸す場合、リスクの高い人に対しては、少ない限度額を設定し、金利は一番高くするのが常識です。極端な話、金利さえ積めば、貸してくれるところはいくらでもあるでしょう。問題は、法律で金利の上限が決まってしまっていること。

ちなみに金利の上限は元本が10万円未満なら、年20%。10万円以上100万円未満でなら年18%、100万円超なら年15%となっています。これ以上の金利は違法です。ただし延滞した場合は例外で、延滞している期間だけ18%から20%になることが多いでしょう。

さて、専業主婦も利用できるとはっきり言っている銀行系のカードローンといえば、代表的なのは三菱東京UFJ銀行のバンクイック、そして新生銀行レイクです。バンクイックはもうお馴染みですね。新生銀行のレイクは、かつてレイクという消費者金融があったので勘違いされる人もいらっしゃるかもしれませんが、現在は、新生銀行のブランド名としてレイクを使っており、銀行系のカードローンとして人気が出ています。ただしレイクは完全無職は難しいかもしれません。収入のあることを求めくるかも。

とはいえ、専業主婦の場合は、利用可能でも限度額に制限があるのが通例です。バンクイックの場合は限度額30万円以内の設定となります。レイクは明確に示していませんが、だからといっていくらでも貸すということはないでしょうから、同様の限界があると思っておいていいでしょう。

専業主婦の申し込みについては、配偶者の状況が審査のカギを握ります。もちろん当人が多重債務であるとかすでにかなり借りているといったことがない場合です。配偶者の勤務先、年収などによって審査結果は左右されます。また配偶者の借り入れ状況も重要になります。ただし、どちらも、基本的には配偶者に「奥さんが申し込んでますよ」と知らせるようなことはありません。黙っていれば、わからないまま、手続きは進みます。つまり夫に知られずにキャッシングできるかもしれません。

夫婦の間のことですから、できれば事情を打ち明けておく方が、あとあといいとは思います。

審査の軽いキャッシングローンとは何処なのか

キャッシングローンをする際に消費者金融系は審査が軽くて、銀行系は審査が厳しいと思っている方も多いのではないでしょうか、実はこれは違うのです。
(⇒融資審査の正しい基準について

そもそも銀行系のキャッシングの審査は、どのような基準を設けているのかと言いますと、消費者金融と同じものなのです。

これは銀行がお金を貸すことがメインの業務ではありませんので、お金を貸すことに関しては素人だという事なのです。ですのでキャッシング業務に関しては、その道のプロの会社と提携を組み、そのノウハウを利用しているのです。

それが消費者金融となっているのです。銀行系には消費者金融が保証会社として付き、そのノウハウを利用することでキャッシング業務を行っていきますので、審査の基準などは消費者金融と変わらないものを採用しています。

ただこれだけですと、消費者金融と銀行は全く同じであって、銀行が審査の軽いキャッシングローンとは言えません。そこで登場するのが総量規定と呼ばれる法律になります。

この総量規定とは、利用者が借金で破綻することを防ぐ為に、制定された法律になります。利用者の年収の3分の1以上の金額を貸す禁じたこの法律が、昔は多かった借金によって破産する方を減少させていきました。

ところがこの法律は消費者金融には適応されるのですが、銀行には適応がされないのです。ですので銀行は審査の基準は消費者金融と同じなのに、そこに総量規定という法律が適応がされないため、消費者金融よりも審査の軽いキャッシングローンと呼べるのです。

実際に銀行で働いている方が「銀行がキャッシングを行っている理由は、消費者金融などで借り入れることができなかった方の受け皿になる為」と語っているのです。

とはいえ審査が軽いと言っても、しっかりとした審査はしますので利用する際には、事前に返す計画をしっかりと立てて、利用するようにしてください。また無審査などを謳った悪徳業者も多くいますので、そのような業者には注意してください。
(⇒金融業者には実に様々な場所がある事を忘れずに

【参考ページ】
銀行からの融資についてさらに詳しく