キャッシングをすると生活保護の給付をストップされるの?

キャッシングすると生活保護の給付をストップされるという話を聞いたんですが、本当ですか?生活保護だけだと、どうしてもお金が足りなくて、キャッシング利用できないかと考えているんですが、キャッシングすると生活保護の給付がなくなって、生活できなくなるのは、怖いです。

生活保護受給者はキャッシングできません!

そもそも、生活保護受給者にキャッシング会社がお金を貸してくれません。ですから、生活保護受給者は、キャッシングができないはずです。収入が生活保護では、キャッシングの審査に通りません。それでも、たとえばアリバイ会社などを利用してキャッシングした場合、生活保護は受給できなくなります。(参考ページはこちら→融資で嘘をつくと相応の問題がある

生活保護というのは、働く人たちの税金から賄われています。税金で借金を返済できるのは、政府だけです。一個人が、税金で自分の借金を返済するということは、あってはならないことなのです。

あなたが生活保護を受ける前にキャッシングをしていたかどうか、知りませんが、もし、お金を借りていたとしたら、自己破産するように言われませんでしたか?もし、キャッシングをしていたら、自己破産するか返済が終わってからでないと、生活保護を受けられなかったはずです。生活保護の審査はそんなに甘くないですから、審査に通らないはずです。

とにかく、お金がないと言う前に、使い方をもう1度、見直してください。あと、生活保護の場合、病院の費用などは、保険に入れないため、国が負担する形になっているはずですので、もし、初めて何か問題があって通院、入院などが必要な状態になっているのであれば、役所で確認してください。

キャッシングの返済と生活保護費のストップ

近年、個人の方が資金調達の方法として銀行や消費者金融からキャッシングをする人が増えてきました。金融機関に出向かなくても、電話やインターネット、郵送など様々な手段でカードローンの利用申し込みが出来るようになったために、キャッシングに対するハードルが低くなってきたのかも知れません。(参考ページはこちら→キャッシングの審査も緩くなっている?

また、テレビなどでも、好感度・知名度の高い有名人の方々がカードローンのCMに出演していることも、キャッシングに身近なイメージを感じる方が増えて来たのではないでしょうか。

インターネット上には、キャッシング関連の情報が溢れ、これからカードローンの利用をしようと思われる方はインターネットの情報を参考にされることでしょう。金融機関ごとの契約極度額や金利の比較は、利用者にとってとても参考になります。また、各金融機関ごとのキャンペーンや金利優遇の情報などは、特に注意してチェックしたい情報です。

ただし、インターネットの情報は、個人的な見解が含まれているものが多く、ともすれば悪意の書き込みなどもあります。書かれていることすべてを鵜呑みにしてしまうことは危険です。(参考ページはこちら→ネット上の融資情報は信じすぎないのが良い?

例えば、ネット上には、ブラックリストでも、無職でも融資可能などの文言を見かけることがあります。金融機関では、カードローンの利用者に対して、必要な審査を行っていますので、返済の可能性の無い方には、サービスの提供が出来ないようになっています。もしも、返済の可能性がないにも関わらず、融資をする金融機関があれば、背後に落とし穴があるのはと考えてください。

また、ネット情報の中に、生活保護受給中でも融資が出来るといった内容の情報も見受けられます。このような情報は正しい情報ではありません。また、生活保護費は、真に生活の為に必要な費用を支給するものですので、キャッシングの返済に充てることは禁じられています。仮に、そのような事実があれば、生活保護費の支給をストップされる大きなリスクを負うことになります。

カードローンは、どうしてもお金が必要で、手元に資金が無い時に、便利に利用出来る生活のアイテムです。資金計画をキチンと立てて慎重に利用し、賢くメリットを享受しましょう。