自宅に連絡や郵送物がないキャッシングがあれば教えて!

自宅に連絡や郵送物がないキャッシングってありますか?家族にキャッシングがバレてしまうと困るので、自宅に電話がかかってきたり、何か葉書とか封筒が届いたりしないキャッシングを利用したいんですが、そういうキャッシング、教えてください。

WEB完結型のキャッシングなどはありますが…

自宅に連絡や郵送物がないキャッシングというと、WEB完結型のキャッシング、つまり、ネットやメールを利用してすべてのやり取りを行い、銀行振込などで融資してもらうタイプのキャッシングですね。あるいは、申し出ると、在籍確認を書類だけで行ってくれるところもありますね。(参考ページはこちら→融資の在籍確認は回避可能?

職場に電話がかかっても構わないのであれば、在籍確認を職場だけに行っているキャッシング会社で、無人契約機などを利用してカードを受け取れるものも良いですね。
(⇒会社によって融資のサービスも異なっています

職場に電話がかかってくるというのは、銀行なら銀行名、消費者金融なら個人名などでかかってくるものですが、これは自宅に電話をかける場合も、個人名などでかけてきますので、バレたくないだけなら、実際には、そんなに気にならないことが多いでしょう。もっとも、借金に詳しい家族や電話を取り次ぐ人がいれば、別ですが。

キャッシング会社を選ぶ時点で、そうした選択をすることは可能ですが、自宅に連絡することを、まったく皆無にするためには、あなたが滞納などをしてはいけません。返済が遅れれば、申込の際には、自宅に電話をかけてこなかったキャッシング会社であったとしても、堂々と電話をかけてきますし、郵送物もあります。ひどい場合は、電報が届くこともあります。

くれぐれも、滞納しないよう、注意して、無人契約機や振込融資が利用できるキャッシング会社を利用すれば、必ずしも、WEB完結や電話なしでなかったとしても、そう簡単にはバレないでしょう。

【参考ページ】
審査の段階でバレたりする事もあるのかをチェック

自宅に連絡や郵送物がないキャッシングのサービス

キャッシングのサービスを申し込み問題となる可能性があるものに、郵送物や電話連絡があります。そのため、家族にキャッシングの利用を知られたく無い方の場合は、自宅に連絡や郵送物がないキャッシングを選ぶ必要があるのです。キャッシングの契約が完了すると、キャッシングカードや、契約書、明細書など、複数の郵便物が送られてくる事が一般的です。

これらの郵便物を家族に見られてしまえば、内緒でキャッシングを利用する事はできません。一般的に、キャッシング業者からの郵便物は、差出人の名前を変えて郵便物を送ってきます。一部の銀行系の業者は、差出人の名前を変えず、銀行名を使用して必要書類を送ってくるところもありますが、銀行からの郵便物は普通口座の開設者にも書類が送付されますので、問題はありません。しかし、郵便物の中身を見られてしまえば、キャッシングの利用は知られてしまいます。このようなケースに対応する為には、電話連絡が無く、郵便物が送付されないサービスを選ぶ事がポイントとなるのです。
(⇒金融業者からの電話を無くす方法とは?

現在のキャッシングサービスの中には、電話連絡なしで、郵便物の送付もないサービスがあります。これは業者のサイトから直接申込みを行い、融資の可否の連絡は携帯に届くもので、自動契約機でカードを受け取ることが出来るサービスです。また、サービス利用の明細書は、オンライン上で確認する事が出来るようになっています。このようなサービスならば、電話連絡も無く、自宅に郵便物が送付されることもありません。

この便利なキャッシングは自宅の固定電話に連絡があることはなく、自宅に電話連絡があるケースでも、担当者が業者名を名乗ったり、家族に融資に関する情報を知らせることはないので、安心できます。また、消費者金融系の業者の場合は、キャッシングを連想させる社名や、サービスの名称を言及することはなく、個人名で連絡を行うところが多いので、サービス利用を知られてしまう可能性は極めて低いものとなるのです。