銀行系でキャッシングするメリットについて教えてください!

よくキャッシングで調べると、銀行系でキャッシングするのが良いと書いてあるページを見るんですが、銀行系でキャッシングするメリットを教えてください!初心者でよくわからないので、他とどう違うのか、知りたいです。

銀行系キャッシングなら低金利、総量規制なし

一般的にキャッシングというと、消費者金融のキャッシングを思い浮かべるかもしれませんね。けれども、本当は銀行系のキャッシングを利用したほうが、低金利でお得なことが多いんです。
(⇒借入先によってそんなに評価が違うの?

銀行系というのは、イコール銀行ということではなくて、銀行が本業の会社ということなんですが、ここでは銀行キャッシングとほぼ同じようなイメージで考えてくださって問題ありません。時々、銀行系と書いていて、いわゆる消費者金融の会社が出ているものがあるんですが、それは違います。銀行系のキャッシングで有名なものがいくつかありますが、銀行が直営で出しているカードローンですね。

銀行であって、銀行系でないキャッシングというのも、あります。これは、ネット銀行に多いですが、IT系であったり、信販系であったりする銀行もあります。それぞれ、本業がIT、信販ということですね。

銀行系キャッシングがお得という言い方をしましたが、どちらかというと、銀行直営キャッシングがお得、というのが実際で、ネットバンキングであろうと、銀行直営キャッシングなら、金利が低いものが多いです。むしろ、ネットバンキングのほうがお得な場合もあります。

また、銀行キャッシングは、総量規制の対象とはならないので、年収の3分の1を超えてお借入ができますから、専業主婦の方などもご利用になれます。専業主婦は、消費者金融のキャッシングは利用できませんから、そうした点でも、銀行キャッシングは良いですね。
(⇒銀行の融資審査は職業に関係なく借りられる?

銀行系からキャッシングを行うメリットをご説明します

近年、闇金と呼ばれる多重債務者に対して法律の限度を超えた超高金利で貸し付けを行い、支払が滞れば暴力や高圧的な態度で厳しい取り立てを行う業者が増加しました。貸金業を営む場合は、本店所在地の国、都道府県に貸金業としての登録が必要ですが、闇金業者は登録は一切行わず、電話一本での即日融資を行うほか、実店舗は無い場合が多々あります。
(⇒安全な業者でも即日融資は可能?

このような問題を解決する意味合いもあり、貸金業法という法律が改正されました。

貸金業法の改正以降、資金需要者等(お金を借りたい人)の利益保護を目的として、貸金業者(クレジットカード会社、信販会社、消費者金融会社等々)が年収の3分の1を超える貸し付けを行うことを原則禁止しています。この原則禁止とは、例えば個人事業主(田中商店の田中社長)が、事業継続の運転資金として資金借り入れを行う場合はこの対象外としているなど、例外も存在します。この法律を通称「総量規制」と呼びます。

さて本題に戻りますが、銀行系のキャッシングを行うメリットですが、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などについては様々な貸付を行っていますが、貸金業者には該当しません。つまり、銀行でお金を借りる場合は貸金業法の「総量規制」の対象とならず、年収の3分の1を超える借入れも可能となります。

消費者金融等の貸付は、生活資金等で使い道は自由です。銀行のカードローン(キャッシング)も同じく、事業用資金を除き、ほとんどが使い道自由で同じ性質の貸付金であると言えます。

しかし、前述のように銀行が貸付を行うことで、貸金業法の適用を受けず「総量規制」からは除外されるのです。

再度銀行系キャッシングのメリットを説明するとすれば、1.「総量規制」の対象外。2.大手消費者金融等のキャッシングよりも若干金利が低い。3.貸付限度額が大手消費者金融等を比較しても高くなる。などが挙げられます。

デメリットとすれば、大手消費者金融会社よりも融資スピードは見劣りするほか、全国的な多店舗展開等の利便性は期待出来ないでしょう。また、一番の注意点として、銀行グループとして別会社となっている金融会社は、銀行本体と別経営であるため、貸金業法を適用を受けてしまいます。

しかし、コンビニエンスストアの24時間稼働ATMの普及や収入証明書不要などの書類準備が不要となるなど、銀行系からのキャッシングは魅力があり、上手に利用すればとても有利に使えます。