消費者金融でのキャッシングのメリットとデメリットを教えて!

最近は銀行系のカードローンがとても盛んですよね。この点では消費者金融の時代は終わったのかな、なんて思うのです。でも、大手ばかりではなく地域に根付いた消費者金融もかなり多いし、それほど潰れているようでもありません。では消費者金融にはなにかしらのメリットがあるに違いないと思うのです。メリットはなんでしょうか。またあえてデメリットはなにか、教えてください。
(⇒融資の会社による違いを確認

メリットは手軽さ、デメリットは金利と限度額ぐらいでしょうか

あえてデメリットを考えてみると、金利と限度額ぐらいしか思いつきません。それぐらい消費者金融にはこれといったデメリットはないのです。もちろん、健全な貸金業を営んでいる会社に限ってです。悪い業者から借りないようにするためには、こちらでそうした悪質業者に近づかないように気をつける必要もあります。ぜひ、きちんと登録されているしった業者を選んで活用してください。

金利と限度額のデメリットとはなにかといえば、金利が消費者金融は基本的に高めであるということ。資金が潤沢な銀行系やノンバンク系は、金利を低めにすることもできますが、消費者金融は収益構造からもそれほど低くはできません。したがって、長期に借りるには不向きということです。

いかにも「もうひとつのお財布」として利用するのがベストです。次の給料日、次のボーナスまでの一時的な借り入れという意味です。へそくりだとか親や親戚から借りなければならないような時、もっと手軽に安全に借りることができるのが消費者金融です。

なんのしがらみもなく、借りて返済するだけ。誰にも知られることなく、大騒ぎすることもなく、淡々と借りて、淡々と返す。そんなイメージですね。

つまりメリットはこの手軽さ。気軽さです。これを実現するために、大手など一部を除けば、消費者金融の利用限度額は低めに設定されています。初回は30万までというところもあります。そのかわり駅前にあるその店へ出向き、面談すればうまくすると即決で融資されることもあります。実に手軽です。このメリットは消費者金融らしいところではないかと思います。
(⇒利用限度額は審査次第?

ところが、この借りやすさを実現するために、金利は高めであり、利用限度額も低めになっている場合が多いのです。信用のある人からすれば、「こんな高金利で、しかも最初の利用限度額が低すぎて使いにくい」となるかもしれませんね。でも、信用のある人なら、ほかにいくらでも貸してくれることはあるでしょう。消費者金融だけではないはず。

消費者金融を選ぶ利用者は、正直、いきなり最初の審査で100万円とか500万円といった限度額になる人は少ないのです。むしろ10万から50万までの間が多いでしょう。それだけに金利を高くしなければ会社としては収益が出せません。またハイリスクな借り手にも貸すとなると限度額も低くならざるを得ません。

ただ、このおかげで、賢明な利用者は過度に借り入れすることなく、小額を借りて返済も短期間にすませることを繰り返し、便利に活用しているのです。

消費者金融のキャッシングのメリットとデメリットについて

お金を借りる場合、銀行にするか、消費者金融にするかで迷う人もいるでしょう。まず前者の方ですが、審査基準は厳しく、どちらかといえば正社員や公務員で、比較的所得の高い方向きといえます。金利は低めで、年間利率は15パーセント未満です。一方後者の方は、パートやアルバイト、またフリーターであっても、何らかの収入があれば申し込みが可能です。その分金利はやや高めで、20パーセントが上限です。

一般に、消費者金融は、誰でもキャッシングが可能なのが最大のメリットといえます。また金利も、かつてはもっと高かったのですが、2010年施行の改正貸金業法で、20パーセントまでに引き下げられました。今では18パーセントほどの金利で融資を行っている業者もあり、以前よりもかなり利用しやすくなっています。最近では特に、申し込みから数時間以内で借入ができる、即日キャッシングも広く行われており、急にお金が必要な場合には大きなメリットがあります。

この即日キャッシングは、窓口に行かずとも、ネット上で申し込みが可能です。PCや携帯から、業者のサイトにアクセスし、フォームに入力して送信します。本人確認や収入証明などの書類は、FAXまたはアプリを利用して送ります。30分ほどで審査結果が出て、通った場合は、借り入れ分をその人の銀行口座に振り込んでもらえるのも、大きなメリットといえます。忙しくて窓口に行けない、あるいは、家をなかなか空けられないなどといった場合には、まさに至れり尽くせりのキャッシングです。

その一方で、もちろんデメリットもあります。それは総量規制です。借り過ぎを防ぐために、現行の貸金業法から設けられたもので、年収の3分の1に当たる金額を、借入限度額としています。これはすべての借入に適用されるため、たとえば複数の消費者金融でキャッシングを行っていると、金額によっては、新規に借入ができないこともあります。それでもお金を借りたい場合は、総量規制が意融資をしてくれる業者か、貸金業法の縛りを受けない銀行を利用するといいでしょう。