キャッシングとは低金利はありえないというのは事実ですか?

キャッシングを利用したいと思っています。気になるのは金利です。住宅ローンやマイカーローンに比べると、すごく金利が高く感じられます。いろいろ探しても、あまり金利は安くなりません。つまりキャッシングでは低金利はありえないのでしょうか?(参考ページはこちら→キャッシングの金利については理解を深めておこう

ごくわずかな例外を除いて金利はほぼ上限に近いと思ってください

ローンといってもいろいろあります。住宅ローンのように3000万円といった巨額な資金を35年にわたって返済するタイプ。しかも購入した住宅が担保として設定されています。マイカーローンはそれに比べれば金額は低いですが、それでも100万円以上の資金を数年で返済するタイプです。クルマそのものが担保として設定されています。

長期にわたって返済するローンは、一般的な目安である長期プライムレートと呼ばれる金利に自分たちの利益をプラスしたものになります。長期プライムレートは日本の基本的な金利で、国債の金利算出にも利用され、住宅ローン金利もこれに基づいています。

ご存じのように長く超低金利が続いているため、このところ年1.15~1.3%程度となっています。このため住宅ローン金利は2%前後に設定されていたりします。

一方、キャッシングの金利は、14%前後が多く、クレジットカードのキャッシングでは15%以上20%以内が多くなっています。ほぼ10倍の差があるわけです。このため「キャッシングは金利が高いから損だ」と思う人が多いのです。

ですが、金利というのは借りた期間によって、結果的に支払う金利が変わってくるのです。そのことを忘れてはいけません。クレジットカードでは今月買った分を翌月の引き落としで返済するいわゆる1回払いなら、手数料無料です。金利もかかりません。

ある消費者金融ではこれと同じように、ある期間内に返済すれば金利ゼロにしてるケースもあります(新生銀行レイク、初回のみなど条件があります)。
(⇒ちょっと特殊な金融業者も存在しています

基本的にキャッシングは「どうしても現金が足りないので取り急ぎ用立てる」ことが基本。すぐに返済される可能性があるのです。たとえば50万円借りて、15%の年利だとすると、1年借りれば7万5000円の金利になります。もしこれが金利2%なら1万円でいいのです。

しかし、50万円借りた人が、翌月返済したとしたら? 30日分の金利はいくらでしょうか?6164円です。もうおわかりになったでしょうか?貸す側からすれば同じ手間をかけて50万円を貸し出したのに、片方は15%の金利に設定しても6164円しか儲からないのです。これを2%にしてしまったら822円です。思わず「返さないで!」と言いたくなると思いませんか?

住宅ローンは繰り上げ返済するのに大変な手続きが必要です。しかし、キャッシングはいつでも返済が可能です。新たな手数料は不要です。借りた期間だけの金利でOKなのです。

つまり利用する側から見れば、「借りやすく返しやすい」という利便性があります。その分、金利は高めになっています。ですから、キャッシングを賢く利用するコツは、借りたらできるだけ早く返済することなのです。

また、すぐに返済できないことが明らかなら、キャッシングではなく、銀行のフリーローンなど少しでも金利の低いものを選択すべきでしょう。
(⇒どれが良いか分からないなら相談をしてみよう

低金利で安心!キャッシングとはこんなに便利です

急な冠婚葬祭だったり、お給料日前に出費が重なってしまったり、どうしても日々の生活の中でお金が足りなくなってしまうということは誰にでもありえます。

このようなときにはキャッシングがとても便利なのです。

とはいえ、今まで利用したことがない人にとっては、キャッシングとはどういうものなのかわからないから怖いと感じる方もいらっしゃいますよね。

そんな方のために、キャッシングについて説明したいと思います。

以前であれば、お金を借りるためには消費者金融などに直接申し込みに行き、お金を借りてくるという方法が主流でした。

しかも、金利も今と比較すると随分高かったので、返済が大変というイメージも強かったのが事実です。(参考ページはこちら→今の金利はどんな感じ?

しかし、現在ではインターネットを利用して簡単に申込みをすることができますし、審査もとても早く、インターネット申し込みであってもその日のうちにお金を借りることができるのです。(参考ページはこちら→その日に融資を受けるコツとは?

インターネットですから24時間365日申込みを受け付けていますし、携帯やスマートフォンがあれば外出先からでも手続きをすることができます。

そして、審査結果もネット上で確認でき、契約手続きまで全てネットで完結しますから、店頭窓口や無人契約機に足を運ぶ必要もないのです。

では、どうやってお金を借りるのかというと、銀行振込で対応してくれます。

契約手続きの際に即日振込サービスを利用すれば、すぐに指定の口座にお金を振り込んでもらえるので、急いでお金を借りたいような場合でもとても安心なのです。

さらに、前述したように現在のキャッシングはとても低金利の設定になっています。

大手消費者金融や銀行系カードローンでは現在では下限金利が3%から4%代で推移していますし、上限金利も以前のように20%を超えるものは現在では存在しません。

返済も提携先のコンビニや銀行ATMを利用できるので、本当に便利なのです。

このように、キャッシングとはお金が足りないときに低金利でお金を借りられるとても役立つ存在なので、お金のピンチの際には是非活用してください。