シティバンクでキャッシングを利用するメリットを教えて!

シティバンクに興味があります。ちょっとカッコよくないでしょうか?きっとキャッシングのサービスなどもひと味違うのではと思いますが、メリットなどを教えてください。(参考ページはこちら→借り入れの基本的なメリット

国際的なサービスや特典そして多彩なプレミアムカードも魅力

シティバンクのキャッシングといえばシティカードのクレジットカードを思い浮かべる人も多いでしょう。しかしシティバンクではVISAブランドのついたゴールド、プラチナを発行していますし、ダイナースクラブブランドのカードも発行しています。さらにANAとの提携カード、デルタ航空との提携カードなどもあります。

思い出していただきたいのですが、シティバンクでもっとも特徴のあるサービスといえば、マルチマネー口座の存在でしょう。バンキングカードと外貨キャッシュカードは、海外ATMで、ご自身の口座にあるお金を引き出すことができます。クレジットカードではなく、キャッシュカードです。

このようにシティバンクを利用する人は海外での利便性を重視する人が中心になります。いま、日本でも多くの人がやっているFXや海外株式投資で、海外のFX会社、証券会社に口座を開設している人もいると思います。そこで運用している外貨を送金する先としてシティバンクを利用するのはかなり一般的です。

こうなると、円、ドル、ユーロなどの各国通貨による預金が発生しますが、国内の主な銀行ではこういう口座は持てません。海外からドルで来たお金は円に換算されて円建ての口座に入ってしまうのです。為替手数料がかかるなど、コストが高くなるのが難でした。一度、円になってしまった資金を、再び海外投資するときは、また為替手数料が発生するわけですから、とても不便です。

それをシティバンクなら、円は円で、ドルはドルで、ユーロはユーロでそのまま保有することができます。このため、シティバンク「ドルカード」のようにドル決済のできるクレジットカードも発行できるのです。

そしてクレジットカード。もっともベーシックなシティ・エリートカードは、シティカードで発行しておりVISAブランドとなります。目安としての入会基準は22歳以上で年収200万円以上です。年会費は3,000円で、家族カードもつくれます(会費無料)。(参考ページはこちら→審査を受ける為の条件は事前に確認を

年会費が少し高いと思うかもしれませんが、最高3,000万円までの海外旅行保険、国内旅行傷害保険がついてます。カードローンの金利は年15.0%~18.0%、キャッシング金利は年15.0%~20.0%で、シティカードの他のゴールド、プラチナなどもほぼ同じです。

おもしろいのは成田空港、羽田空港ほか国内主要空港のラウンジ、海外2ヵ所(仁川、ホノルル)の空港ラウンジが無料で利用できる特典がついていること。旅行の多い人にはうれしい特典です。

さらにプレミアムなカードも用意されていますので、ご自身のステイタスとして、そして特典を含めて便利に利用するカードとして検討してみてはいかがでしょうか。

シティバンクでのキャッシングのメリットについて

シティバンク銀行では海外ネットワークを活かしたサービスを提供していて、外貨預金や投資信託などの資産運用商品や海外旅行のときのドルやユーロなど外貨の両替も扱っています。(参考ページはこちら→海外でも融資を受けるには

キャッシングをするときにはシティバンクはとても便利で、トラベラーズチェックを手数料なしで発行できることが一番のメリットです。資金を店頭に持ち込んでそこでトラベラーズチェックにしてもよいですが、外貨預金をトラベラーズチェックで払い出すこともできます。このときも手数料はかかりません。

現在では外貨預金は多くの銀行が扱っていますが、現金やトラベラーズチェックなど外貨で引き出せる銀行は少ないです。別の銀行では外貨での払い出しや外貨建て送金ができなかったり、できたとしても大体の銀行は手数料を徴収します。

それに対して、シティバンク銀行ではアメリカのドル・ユーロ・イギリスのポンド・オーストラリアのドルを手数料なしでトラベラーズチェックで払いだすことができるし、余ったトラベラーズチェックを手数料なしで預金することもできます。ただし現金として扱ってくれるのはアメリカのドルだけで、1ドル当たり2円の外貨現金取り扱い手数料が掛かるのでそこに注意してください。

【参考ページ】
銀行系ならではの融資サービス