無職でも即日キャッシングできるところがあれば教えてほしい

私は以前は共働きでしたが、5年前に出産してから専業主婦となって無職です。夫の仕事は順調なのですが、子どもの費用などでときどき家計が厳しくなるときがあります。働いていたときはカードローンも利用していました。クレジットカードについては結婚したときに夫の家族カードに切り替えて、旧姓のものは解約しています。ああいうサービスは無職では受けられないですよね。無職でも即日キャッシングできるところがあるでしょうか?
(⇒融資審査は無職に厳しい?

即日キャッシングできるところはありますが視野を広げてみて

クレジットカードの家族カードにキャッシング機能をつけられるかどうか。そこをクレジット会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。通常はキャッシングはついていないと思いますが、利用状況などによって絶対に不可能とは言えないと思います。なにがなんでもカードローンということではなく、視野を広げてみてください。

つぎにカードローン。専業主婦(無職)でも借りることができるものはあります。三菱東京UFJ銀行のバンクイックがよく知られていますね。利用限度額30万円以内となりますが不可能ではありません。
(⇒職業不問な融資も存在している?

楽天銀行スーパーローンカードは、限度額が最高で50万円まで。イオン銀行のカードローンも検討してみていいでしょう。

視野を広げるという点では、専業主婦のカードローンを可能にしている例として、地方銀行、信用金庫、労金といったところも探してみることをお勧めします。これは一概に言えないのですが、地元の金融機関で調べてみると意外な発見があるということは言えます。ぜひ試してみてください。

バンクイックは、配偶者に知られることなく申し込み、審査、そして融資まで可能です。融資先の口座はご自身名義の口座になるので、夫にはわかりません。そのようなニーズがあるのなら、申し込んでみるのもいいと思います。

ところで、専業主婦のキャッシングについて、夫に知られて困るのか、それとも相談した方がいいのか、意見がわかれるところだと思います。ケース・バイ・ケースとしか言いようのないことですが、少なくとも、無職の主婦・主夫がキャッシングを申し込んだときには配偶者の信用を調査しますので、審査に落ちたときには配偶者があなたに黙って借り入れをしている可能性があります。(参考ページはこちら→融資審査でチェックされてしまう事

こうしたキャッシングで新規申し込みでもっとも注意したいところは他社借り入れ。3社までならギリギリOKな場合もありますが、4社からはかなり厳しいです。使っていてもいなくても、カードローンを申し込んで有効なカードを持っていると、カウントされますのでご注意ください。

さて、審査に落ちたとき、あなたは配偶者の借金を疑うことになるのですが、どうやってそれを確かめるでしょうか? そんなことになったら、面倒ですよね? 私としてはそんなことも含めて、最初から配偶者に相談をした方がいいと思っています。

無職の人は利用することができない即日キャッシング

即日キャッシングは、その名の通り、申し込みをしたその日のうちに融資を受けることのできるサービスです。そのため、急にお金が必要になった場合であっても、即日キャッシングを利用することですぐに目的のお金を手に入れることが可能となっています。

しかしながら、即日キャッシングを利用するためには審査に通らなくてはならず、それをクリアするための条件として満たしておかなければならないことがあります。それは継続して安定した収入があるということです。

即日キャッシングでは、その利用に際して保証人や担保を必要としません。その代わりとなっているのが、返済を続けていくための収入があるということです。確実に返済をし続けるためにはある程度の収入が必要となってきますが、その収入を得るためには何らかの職業に就いている必要があります。

そのため、キャッシングの審査に通るためには、同じ勤務先へある程度の期間勤務しているということが必要最低限の満たしていなくてはならない条件となっているのです。この場合、正社員として働いている人だけではなく、同じ職場へ長期間勤務をしているのであれば派遣社員や契約社員、アルバイトなどとして働いている人であっても特に問題はありません。
(⇒融資審査は勤続年数が重要です

しかし、前述したように審査に通るためには継続して収入があるということが必要となっているので、残念ながら専業主婦や無職の人などの自分で収入を稼ぎ出していない人の場合には審査に通ることはできません。

このことは総量規制という法律の存在の影響を大きく受けています。総量規制とは、消費者金融の業者などからのお金を借り入れる際の借り入れ限度額を定めた決まりのことですが、この決まりでは消費者は自分の年収の3分の1までの金額しか借り入れをすることができない決まりになっています。そのため、消費者金融などからの借り入れを希望する場合には、総量規制による借り入れの制限をクリアするためにある程度の収入を稼いでいる必要があるのです。