新社会人になったらキャッシングのカードは常識でしょうか?

就職内定しました。来年春から社会人です。ところで、社会人になったらキャッシング用のカードは常識と友人が言います。いきなり借金する人がいるのか、と思いますが、この考えはどうなんでしょうか。常識とまで言えますか?私も作った方がいいでしょうか?

常識ではありませんがクレジットカードは作ったほうが便利

もしまだクレジットカードを作っていないのなら、学生用クレジットカードを作るのはどうでしょうか。大学生などの学生(高校はだめです)なら作ることができます。ショッピングに普通に便利に使えます。キャッシングはついていません。所得があるなら別ですが、カード会社に相談して審査を受ける必要があります。(参考ページはこちら→融資関連のサービスを受けるなら審査が必須

なぜクレジットカードなのか。それは、いずれ社会人になったときにグレードアップすればいいだけなので便利だということ。さらにクレジットカードはあなたと一緒に育つタイプのカードであること。つまり付き合う期間が重要になってくるカードだからです。

キャッシングだけのカードローンなどは、その時々の状況によって審査を受ければ比較的短時間に取得できますので(最短30分というケースも)、社会人になってから、必要なときに申し込めばいいでしょう。

ですが、クレジットカードは審査に多少時間もかかりますので、その点では時間のゆとりがあるとき。まして学生という立場のときが作りやすいのです。生協などでクレジットカードの案内をしていませんか?または自分の口座のある銀行から案内はありませんか?もしあるなら、検討してみてください。そうした誘いがなくても、店頭へ行き、申込用紙などを貰ってくるといいでしょう。(参考ページはこちら→銀行から借り入れるコツ

社会人になるにあたって、重要なことは世の中では信用というものが重いということ。社会人になりたての個人の信用はゼロ。親が有名とか金持ちという場合には親の信用をある程度は活かせるでしょうが、それは個人の信用ではありません。大学時代の活動も社会に出ればそれほど評価はされません。学生はリスクなしで活動しているので、やったことは素直に評価されますが、リスクを負って結果を出さない限り、まともな信用は得られません。

社会人1年生の信用は就職先の信用を借りることになります。会社の安定性がそのまま個人の信用になっていきます。そしてクレジットカードを利用しているあなたは、毎日の買い物や公共料金の引き落としなどを、きちんと実行していくことで少しずつ信用を積み上げます。クレジットカードの請求日にちゃんと口座に残高があり、間違いなく支払う。これを繰り返していくことです。

くれぐれも、カードは作っただけで飾っておくなら、作らないこと。使ってはじめてこうした信用は積み上がります。こうしたことを学びながら、信用を上手に育てていってください。

【参考ページ】
学生のうちから借り入れるのは無謀?

新社会人がキャッシングを利用するにはどうしたらいいか

新社会人はスーツやカバン、靴など出費がかさみます。初任給が出るまでに貯金が持たない場合もあるでしょう。そんな時頭に浮かぶのがキャッシングですよね。また初任給ももらっていない新社会人でもキャッシングできるのでしょうか。

金融機関によっては借り入れが可能な場合があります。また、社会人になる前の学生時代に1年以上のアルバイト期間があるなら、借りられる可能性はグッと高まります。というのは金融機関はボランティアで融資をしているわけではありません。貸したお金は利息とともに期日までに返してもらってはじめて営業ができるのです。
(⇒アルバイトだけでも借り入れが可能な理由

つまり、どんな人でも融資をするわけではありません。借金は利息を添えてきちんと返してくれそうな信頼性の高い人にのみ貸すわけです。信頼性を測るには何で判断するかというと、安定継続した収入があるかどうかということです。これから新社会人として活躍するとしても、貯金がゼロでは貸してもらえないかもしれないのです。逆にこれから社会人で、学生時代のアルバイトでためた貯金があるなら、融資を受けられる可能性も高まるのです。

アルバイトのお金は引越しなどの費用で消えてしまったという人も多いでしょう。でも大丈夫です。探せは新社会人でも貸してくれる金融機関はあります。ただ、信頼性がイマイチなので、限度額は低いことは致し方ありません。ただ、借りられるだけでも良かったと思うべきなのです。

もし融資を受けられたなら、期日内に利息を添えてきちんと返すことです。どんな理由があったとしても、期日内に返せないで延滞を繰り返すと、ブラック入りしてしまう可能性があります。そうなると、キャッシングはおろか、クレジットカードも使えなくなる可能性があります。現代日本でクレジットカードが使えないのはすこぶる不便です。それに金融事故を起こすと、少なくとも5年はキャッシングができないとも言われています。そうならないように、キャッシングは計画性をもって行いましょう。
(⇒まずはブラックにならない事を優先的に