キャッシングの限度額が50万ですが年収証明は必要ですか?

総量規制について教えてください。数年前からたびたびクレジットカードでキャッシングをしています。先日気づいたのですが、キャッシング利用可能額が50万円になっていました。いつからそうなっていたのかわかりません。数年前は30万円だったのですが。

総量規制だと、50万円からは収入証明が必要だった気がするのですが、違いますか?カード会社から何か通知が来ていた覚えはありません。ひょっとしたら見ずに捨ててしまったのかもしれない、と気になっています。収入証明を提出せずに使ったら、何か問題になるのでしょうか?
(⇒融資で収入証明が大事になるケース

限度額50万円までは年収証明不要です

クレジットカードのキャッシング枠は、会社の判断で勝手に増減することがあるみたいですね。50万円なら原則収入証明は必要ありません。だから大丈夫ですよ。契約年数が長いのと利用方法が良好なので増やしてもらえたのではないでしょうか。もし「そんなにいらない」というなら、コールセンターに連絡しましょう。増額申し込みはネットからできても、減額は電話する必要があるはずです。
(⇒融資増額の仕方

総量規制ですが、利用可能額が「50万円以下」なら収入証明はいりません。「50万円を超えると」必要になります。「超えると」は、「50万1円以上」の意味です。でも利用可能額って、1万円単位とか10万円単位ですよね? お持ちのカードがわからないので正確ではありませんが、多分、50万円の上は60万円だと思います。その場合だと、50万円までは不要で、60万円からは必要となります。よって、使っても何ら問題はありませんので、心配なさらないでください。

キャッシング50万円を行うために必要な年収とは?

現在、貸金業者へは「総量規制」の法律が科せられています。申込者に対して年収の3分の1を超える貸付を行ってはならないというものですが、この法律に反したときに行政処分や刑事罰といった形で罰せられるのは、申込者ではなく貸金業者です。そのため健全な営業を心がける貸金業者は、厳守すべき法律として受け止めています。

例えばキャッシング50万円を行うためには、少なくとも150万円を超える年収が必要です。単純に計算すればそれで済みますが、年収150万円の人の月収は税込の13万円弱。その中から50万円の借金の支払いを行うというのは、そんなに簡単なことではありません。(参考ページはこちら→年収は融資審査に深く関わります

貸金業者は「借りる側よりも貸す側の責任が大きい」ということをよく理解していますので、貸し付けたお金が回収出来ないリスクについて、大変慎重に判断します。総量規制の枠ぎりぎりまで貸付を行うということは、余程のことがない限り避けてくることでしょう。余裕のある状態で、キャッシング枠を与えます。となれば50万円のキャッシング枠を付与されるためには、150万円を大きく超える年収が必要であると考えられます。
(⇒融資の審査は常に慎重に判断されます

貸金業者を利用する年齢が20代、30代、40代に集中していると仮定したときに、年収200万円後半から300万円台が多くなります。1社の貸金業者だけを利用し、もしくは初めての申し込みであれば、この範囲の収入があれば50万円の枠が付与される可能性は高くなります。それまでにショッピングローンなどの完済経験があったり、遅れなく支払い続けているといった、ポジティブなクレジットヒストリーがあれば、更に可能性は高まります。50万円を超える枠が与えられることもあるでしょう。
(⇒年齢によっては融資が受けにくくなる?

もし仮に50万円の枠が与えられたとしても、他の貸金業者と契約を行った後で、すぐにもともと持っていたカードローンの枠が減らされてしまうことがあります。現在契約している貸金業者は途上与信を定期的に行なっています。そのためこのようなことが起こることがあるのです。現在の契約内容が継続するとは限りませんので、注意しておきましょう。