聞いた話なのですが無職でもキャッシングできる?ウソですよね?

すみません、聞いた話なので間違っているのかもしれないのですが、無職の人でキャッシングできたというのです。これはあり得ないですよね? そもそもキャッシングはサラリーマンとか給料を貰っているを対象にしたものだと思うのです。無職でどうやって返済するのか、あまりにも無責任なキャッシングじゃないかと思いますが……。(参考ページはこちら→無職でお金を借りられる可能性とは

無収入の専業主婦・主夫でもキャッシングできるのは事実です

そうですね。キャッシング、カードローンの基本は、安定して継続した収入のある人が利用するもの、というのが常識です。それはサラリーマンに限りません。いまでは多様な働き方が定着していますので、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトといったケースでもキャッシングを可能としています。
(⇒派遣でも借りられる理由とは

アルバイトなどとくに、安定しているか、継続した収入かと考えたとき、本人のやる気しだいなので、正社員のように有給休暇まであるような働き方とはかなり違います。それだけに信用にも一定の差をつけないわけにはいきません。また、時給計算が主でしょうから、正社員の給与やボーナスに比べると、収入の上限が見えやすいとも言えます。

キャッシングできる、といっても、このように信用によって限度額に差をつけることで、対応できるわけです。収入がより不安定で少ないほど、限度額も少なくする。そういうことで返済しやすさ、ムリのないキャッシングの利用を促すことができます。

こうなると、無職というのは、キャッシング枠も限りなくゼロ。つまり、限度額が設定できないことになってしまいます。この点で、キャッシングを提供している会社では、無職を対象にするか、しないかは大きくわかれています。

現在、無職の専業主婦・主夫を対象にキャッシングしているところはいくつかあります。バンクイックなど大手でもやっています。また、無職で年金生活をしている人も対象に入れているところもあります。

専業主婦・主夫向けのキャッシングは限度額を低くしているのは当然ですが、配偶者の状況を審査することになっています。主婦なら夫、主夫なら妻がいまどのような会社に勤めていて、どれだけ安定して継続的な収入を得ているのか。そこで審査しているわけです。

これは、その人が返済できなくなったら、仕事をしている配偶者から払ってもらうことを期待しているというよりも、純粋にその人が返済できなくなる確率を計算しているのです。たとえば毎月2万とか3万円の返済は、いくらなんでも難しいかもしれません。でも毎月5000円ならなんとかなるのではないか。そういう意味での判断です。

一方、無職でも年金という安定して継続的な収入のある人は、また別です。この場合は高齢というネックがあるので年齢の上限を設けることでリスクを減らすことができると考えています。今後、年金生活者向けのローンは、いろいろと開発されてくる可能性はあります。なにしろ超高齢化社会ですから。

このように無職の人へのキャッシングは、あながちウソではありません。ただいまのところは例外的な対応になっているとお考えください。

無職でもキャッシングできる?それともできない?

お金が不足することも人生の中ではあります。リストラされたり、病気になったり、けがを負ったり、人生何が起こるかわからない世の中なのです。無職であればあまり収入がないので、生きていくのが大変になります。そのような時には、まわりの身内などを頼るのもいいのですが、知り合いから借りるのはあとで揉めることも有るので、すっきりしません。そうなると、他の金融会社などから借入をするほうが気が楽なのです。

ほかの金融会社というと、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがあります。それぞれ、特徴があり、銀行やクレジットカードo会社では、審査が厳しく、時間もかかったりします。それに対して、消費者金融はわりと審査が緩く、会社員や公務員はもちろんのこと、契約社員や派遣、アルバイトやパートの至るまで、ほとんどの場合で借り入れをすることができるでしょう。(参考ページはこちら→職業と融資審査の関係

ただ、「無職でもキャッシングできる?」と聞かれても、なかなか難しいものなのです。基本的には、無職で収入のない人であれば、新たに申し込みをしてキャッシングをするのは難しいと考えた方がいいでしょう。

しかし、例外もあります。以前、仕事をしていた時に作ったローンカードやクレジットカードを利用すれば、特に問題もなく、借りることもできたりします。また、新規の場合の審査に関しても、就職の内定が出ていたり、家庭的に裕福だったり、契約社員のようにその契約と次の契約の間であったりして、働く見込みがある場合、年金生活者であっても60代で収入の見込みがある場合などで、例外的に審査に通ることも有ります。しかし、これは一部の会社であって、すべてが共通してそのような傾向にあるわけではないので、確認が必要になるでしょう。

このように、一般的には銀行やクレジットカード会社での新規の申し込みでの審査は、無職であったら通らないでしょう。しかし、消費者金融では、特別な場合に限り、通る可能性がわずかにあるのです。
(⇒銀行ってそんなに審査が厳しいの?