失業中だけどキャッシングで借りたいです!

お金が欲しいのでネットからキャッシングに申し込もうとしたんですが、勤め先を書く欄があって、書けないので諦めました。お金が欲しい理由は、現在失業中で収入がないからです。普通に収入のある人なら、別に借りる必要もないと思うんですけど、どうして収入のない人間が借りられないのですか?探せばどこかありますか?ずっと無職でいるつもりはもちろんなくて、求人に応募したりはしています。返すつもりはあるので、借りられるところを教えてください。(参考ページはこちら→無職のまま融資に申し込むとどうなる?

法律が変わって以降、無職では借りられなくなりました

あなたが未成年や学生で収入のある親がいる、とか、収入のある配偶者がいる、つまり専業主婦(主夫)である、とかなら借りられる可能性もあると思うのですが、多分違いますよね? 成人して自活なさっている方で無職では、どこからも借りられませんよ。「無職だからお金に困っているんだ」という理屈は、お金を貸す側には通用しません。お金を貸す方は、絶対に返してくれる人にしか貸したくないんです。つまり自分の生活を支えられるくらいの収入のない人には貸したくないはずです。(参考ページはこちら→無収入ではお金を借りられません

数年前に法律が変わってから、貸金業者は「年収の3分の1を超える額を貸し出してはいけない」ことになりました。つまり収入のない人に貸せる額はゼロです。消費者金融が不親切なわけではなく、法律ですからしかたありません。もし無職でも貸してくれるよと言う業者がありましたら、それは法律を無視していますので危険です。いわゆる闇金でしょう。金利も法外なはずですので、借りてはいけません。

借りる前にお仕事を探しましょう。それ以前に生活費がなくなってしまうというなら、持っている財産を処分するしかありません。国債や株や定期預金など、普通預金以外の貯蓄はありませんか? 積立型の生命保険に入っていませんか? もしあれば、それらを解約することで現金が手に入りますし、解約せずにそれらを担保にして借りることもできます。担保にしてお金を借りる方法は、それぞれを預けてある金融機関や保険会社でお調べになってください。

失業中にキャッシングが必要になった場合の対処法

失業中に生活費が足りなくなった場合、親戚等誰にも借りることができずにキャッシングを利用しようと考える人もいます。大手消費者金融では、審査の条件に収入の記載があり、一定の収入や継続収入が必要であることが明示されています。その場を乗り切れば今後をどうにかできる目途があるという場合には、どうやったら審査に通るのかを考えてみる必要があります。(参考ページはこちら→融資審査に通る水準

失業中の人がキャッシング審査を通る方法として、自営業を始めるという方法があります。就職となるとハードルが高くなりますが、自営業ならすぐに始められる可能性もあります。この場合、業種を問われることはありません。今流行りのネットオークションでも、自営業として始めることができます。(参考ページはこちら→仕事をしているなら融資は通る?

その他、やはり手っ取り早いのはどこかに勤めることです。ただし、正社員である必要はありませんので、すぐにでも雇ってくれるところを探すことが先決です。利用条件に正社員であることや、年収等を条件に挙げているところはほとんどありません。アルバイトやパートなら即日採用のケースもありますので、急場をしのぐために一度仕事を始めてみるというのも手です。

アルバイトであっても収入があるという点はクリアできますので、学生でも申し込めるケースがあります。申し込みには給与明細等の収入の証明が必要となりますので、少なくとも一カ月以上勤めてから申し込みを行います。一般的には、三カ月以上勤めていると審査に通る確率が高くなります。

大手ではあまりありませんが、中小規模の消費者金融の中には無職でも借り入れOKと宣伝しているところもあります。その場合には金利を確認して法律で定められた範囲内であるかを確かめることが大切です。

失業中の人は、キャッシングする方法を考えるのと同時に、クレジットカードのキャッシング枠も確認しておきたいところです。審査が不要ですので、急にお金が必要になった時に利用しやすい方法です。カードが手元にあるという方は、一度確認しておくと、いざという時に焦らずにすみます。