キャッシング会社の一覧を見るときに注目すべき点を教えて

家の近くに消費者金融のキャッシングATMが集まっている場所があります。今度お金を借りる都合ができてしまったので、そのなかの一つで借りようと思うのですが、選択肢があるだけに迷っています。キャッシング会社を一覧で比較できるサイトを見ても、どこも同じように思えてしまいます。比較するポイントを教えてください。
(⇒それぞれが違う金融業者

ポイントは手数料と無利息期間の有無と定例返済額

消費者金融では金利はほとんど同じですから、ポイントとなるのは手数料と無利息期間でしょうか。無利息期間は、ある会社とない会社で分かれています。お給料日前にちょっと借りたいだけで、すぐに返し終わるのでしたら無利息期間のある会社の方がお得でしょう。もっと長期間の返済になる場合には、ひと月分の利息を割り引いてもらったところで大して得にはなりませんので、別のポイントで選んだ方がいいでしょう。

お近くに消費者金融の直営ATMがあるのですね。それを使えば、どの会社でもATMの利用手数料はかからないと思います。でもコンビニや金融機関などにある提携ATMを使うと、手数料がかかる場合があります。提携ATMの方が数が多いですし、利用しても傍目にはキャッシングをしているようには見えません。提携ATMを使うかもしれないなら、手数料がかかるかどうかを確認しておきましょう。

あとはご自分の返し方です。借りる額によって毎回の最低返済額は決まります。消費者金融ごとにその金額は違います。同じ額を借りた場合、ある会社では5000円払わないといけないけれど別の会社では3000円で済む、ということがあります。どちらが得かと言えば、それは人によります。少額ずつ返せば、毎月の返済は楽になりますがその分返済期間が延びますので、結果として利息を多く払うことになります。その点も考慮すべきポイントになるでしょう。

【参考ページ】
金融業者を選ぶポイントが分からないならこちらをチェック

キャッシングの申し込み先はサイトの一覧を利用して探すと便利

お金を借りる方法には各種ローンやキャッシングなどいろいろな方法があります。そして、それぞれ借入の目的によって使い分けられています。日常生活の中で、ちょっとした金額のお金を借りる場合には、キャッシングが便利です。(参考ページはこちら→キャッシングならば用途は自由?

キャッシングの特徴としては、まず、銀行やコンビニエンスストアなどのATMから現金を借りることができるということがあります。昔は、お金を借りるには、店舗まで出向いて現金を受け取る必要がありました。しかし現在では専用のカードがあれば、提携しているATMから好きな時に現金を引き出すことが可能です。そのため、店舗が家の近くになくても利用できたり、旅行先で利用することも可能となっています。

また、利用限度額に達しない限り、何回でも借入ができるとい特徴もあります。そのためまとまった金額を引き出す必要がない場合には、その都度2万、3万といったように必要な金額だけを借りることができます。利用限度額は返済するともとの金額になるため、返済をしている限り、利用限度額に達する心配は、まずありません。

申し込みは店頭や電話の他に、自動契約機やウェブサイトからすることができます。24時間好きな時に自宅から申し込みができるウェブサイトを利用する人が最近では多くなっています。

申し込みをすると審査が行われ、審査に通過するとキャッシングが利用できます。審査は年齢、職業、年収、借入の履歴などから、その人に利用を認めるかどうかを判断します。審査基準は会社によって異なり、その内容は知ることができません。一般的に、大手企業や公務員などが安定した職業として審査でプラスになると言われています。一方で、最近ではパートやアルバイトの人にも積極的に融資をする会社も増えています。

自分の条件で審査に通過するかどうか心配な場合には、ウェブサイトにある簡易審査を利用すると便利です。簡易審査では、名前などの詳しい個人情報の入力が必要なく、審査に通過できる可能性が大まかに示されるので、申し込みの前の目安として使うことができます。

利用する会社は自分で好きに選ぶことができます。選ぶ場合には、インターネットのキャッシングに関するサイトなどに一覧があるので利用すると便利です。各会社で金利や特徴が異なるので、いろいろ比べて検討すると自分に適した会社を見つけることができます。