審査の緩いキャッシングって危なくありませんか?

同僚が借金をしているらしく、審査の緩いキャッシングについて別の同僚に話しているのを偶然聞いてしまいました。私は借金をしたこともありませんし、審査と言われてもよくわかりません。でもその同僚はキャッシングに慣れているようで、今度借りに行こうかな的なことを言っていました。その人とはあまり親しいわけではないですし、借金の話を聞いたとも言い出しづらいので何も行動はできませんが、それ以来気になってしかたありません。審査の緩いキャッシングって、俗にいう闇金とかではないのでしょうか?「やめなよ」と言うべきですか?
(⇒融資の審査はそもそもどんな感じ?

危ないかどうかは一概に言えません

慣れている様子というのですから、もう借金癖がついてしまっているのかもしれませんね。そういった性格的な部分が、あなたがちょっと言ったくらいで変わるとも思えません。経験のないあなたが意見したところで説得力もないでしょうし、迷惑だと思われるだけではありませんか? その人に特別悩んでいるような風もないのでしたら、聞いたことは忘れて、それまでと同じように接せられたらいいと思います。もし悩んでいるようでしたら、債務者向けの法律相談に行きなさいと言ってあげましょう。

審査の緩いキャッシングは闇金か、というご質問ですが、詳細がわからない以上は何とも知れません。正規の業者である大手消費者金融と、違法な存在である闇金との間に、中堅と呼ばれる消費者金融があります。最近はその呼び方をあまり聞きませんが、以前はよく街金と呼ばれていた業者ですね。大手のように全国にたくさん店舗があるのではなく、地域に何店舗か構えているだけの小規模な金融業者です。貸金業としての登録はきちんとしていて、契約の際には審査もあります。(参考ページはこちら→金融業者によって違う事と同じ事

この中堅消費者金融は、大手よりは審査が緩いそうです。でも、法律を無視して高い金利で貸したり、総量規制を超える額を貸したりはしません。緩いというか、寛容なのでしょう。いわゆるブラックリストの人でも借りられる可能性があるそうです。闇金はこれとは全く違いますよね。法律は無視で、審査もなしにただ貸します。その人の返済能力以上に貸し付けて、返せないなら脅してむしりとります。少し心配なのは、中堅と闇金の見分けがつかなくて、そうと知らずに闇金へ行ってしまうことです。

昨今、きれいなホームページを作るのなんて簡単です。ホームページを見て、まともな会社だと思って行ったら闇金だった、ということもあるでしょう。君子危うきに近寄らずと言います。怖い思いをしたくないなら、昔から名前を知っている大手消費者金融以外、行ってはいけません。……と、その同僚にあなたが言ったところで、納得してもらえると思いますか? その人は多分、大手ではもう借りられないから別の借入先を考えているのだと思います。結果あなたが助言できることなんて、ないのではないでしょうか。

審査の緩いキャッシングについて解説します

審査の緩いキャッシングと審査の厳しいキャッシング。この2つの違いは何だと思いますか?

違いは一目瞭然です。返済条件、貸出条件の違いです。貸出条件とは、簡単にいえば、お金を貸し借りする時の取り決めです。いくら貸してあげるから、この期間で、これだけの利息を払ってちゃんと返してくださいねという約束です。(参考ページはこちら→融資における条件とは

キャッシング会社の儲けの基となるのが利息です。例えばですが1万円貸したら、1日500円の利息を設定します。この1日500円の利息がキャッシング会社の取り分となる訳です。(参考ページはこちら→融資の利息は大抵日割りです

利息制限法という法律があり、上限金利を元本10万円を超えない場合年20%、10から100万円未満では年18%、100万円以上でも15%と定められています。こうした法律によって利息は上限を設けられているのにも関わらず、罰則規定が無かったことで、この条件を守られることはほとんどありませんでした。

通常、お金を借りる、貸すということは、借りる側、貸す側との協議(話し合い)の基に決められるのですが、一方的に金利が決定されることも多く、その場合金利が非常に高くなってしまうのです。

このことから、出資法という法律により罰則規定を定め、上限を設定することで、各クレジット会社などが高すぎる金利設定を行うことを避けてきた経緯があります。

よくラジオで耳にする、テレビで目にする過払い金問題というものがありますが、これは前述の出資法と利息制限法では2010年の出資法改正まで上限金利に違いがあり、多くのクレジット会社では20%から29.2%の間で金利設定が為されてました。いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものです。この本来であれば払う必要の無い金利を多く払ったものが、過払い金問題です。

少し話が逸れましたが、現在の法律改正後の出資法の利息制限は20%に改正されていますので、普段利用するクレジット会社に悪質な会社はほとんどありませんし、安心して利用できます。ただ、違いとしては審査の厳しい先は、貸出に対する条件も厳しい分、通常かかる金利が低く設定される。審査の緩い先は、貸出に対する条件も甘い分、通常かかる金利が高く設定されるという仕組みです。