キャッシング審査で派遣の場合の在籍確認はどうなるの?

20代の派遣です。念願の海外旅行で貯金を使い果たした矢先、祖母が他界して帰省する必要ができてしまいました。実家は遠方なので旅費もかかるし、有休ももう使えないので来月のお給料が少なくなってしまいます。仕方ないので数万円程度、キャッシングで借りようかと思います。悩んでいるのが、キャッシング審査の在籍確認です。正社員ではなく派遣なので、所属先が2か所あるような感じですが、勤め先はどのように申請したらいいのでしょうか?(参考ページはこちら→派遣社員のお金の借り方

派遣会社に対応をお願いしておくとスムーズ

派遣社員の場合は、派遣会社が雇用者ですよね?なので勤め先欄には派遣会社名を記入しましょう。もちろん在籍確認もそちらに行きます。おそらくはキャッシング会社の人が派遣会社の代表番号にかけて「〇〇さんはいますか?」と聞いても、すんなり答えてはもらえないはずです。「スタッフの情報は教えられない」と言われるかもしれませんし、電話を取った人が勘違いや何かで「そんな人はいない」と答えるかもしれません。少々やっかいですね。

できれば派遣会社の方に、「在籍確認があるので対応してください」とお願いしましょう。「キャッシングの」とは言いづらければ、クレジットカードに申し込んだことにしてはどうでしょうか。クレジットカードにも在籍確認がありますから。もっとも派遣会社の方も慣れているでしょうから、正直に言って大丈夫だと思いますよ。もしどうしても抵抗があるなら、キャッシング会社に相談しましょう。在席確認に不安を感じる申込者は多いですし、派遣ならなおのことです。遠慮はいりません。
(⇒どんな仕事をしていても融資審査はしてもらえます

お金を借りるには、当然ですが働いていることが必須です。実際にそこで働いているかを債権者が確認したいのも当然でしょう。なので基本的には在席確認はあります。ですが、直接電話をかける方法以外に、書類での確認だけで可にしてくれる場合もあります。書類というのはたとえば、会社名の入った保険証や社員証、在席証明書や給与明細などです。そういった代わりの方法で在籍確認してもらえないか、問い合わせてみてはいかがでしょうか。
(⇒融資審査で必要になる書類

キャッシング審査で派遣の場合の在籍確認の2つのポイント

急な出費でお手元にお金が少なくなった時に、キャッシングならば手軽に申し込みが出来てとても便利に利用出来ます。キャッシングは、保証人や担保が必要ありませんし、満20歳以上69歳未満で、毎月安定した収入があればパートやアルバイト派遣社員、自営業の方でも申し込みが出来、毎月安定した収入があれば、専業主婦や学生でも申し込みが可能です。(参考ページはこちら→何故専業主婦でも融資は可能なのか

キャッシングの申し込みは、来店や郵送、電話などでも申し込みが出来ますが、インターネットを利用すれば24時間365日いつでも自分の都合に合わせて申し込むことが出来て便利です。

インターネットで申し込みは、必要事項を記入しキャッシング審査を受けます。(参考ページはこちら→便利な融資のネット申し込み

審査はとても早く、すぐに返事が返ってきます。

キャッシング審査に通れば、運転免許証や保険証などの必要書類を提出し、在籍確認を受けます。

在籍確認は、会社員の場合は勤めている会社へ電話で確認すれば良いですが、派遣の場合の在籍確認の方法は、普通の正社員とは異なり、派遣の場合は派遣元の会社と、派遣先の会社の場所が違いますので、在籍確認の電話を掛けて貰う場所が違います。

派遣の場合の在籍確認を受ける時は、派遣先では無く、派遣元の会社へ連絡をして貰う様にします。

またキャッシングを申し込んだ後に、派遣元の会社の担当者に、在職確認の電話が入るかしれませんと連絡を入れておくと話がスムーズに進みます。

ですから派遣の場合の在籍確認を受ける時は、派遣元の連絡先を記入する良いです。

本人確認と在籍確認が済めばキャッシング審査が終わりますので、契約をする事が出来ます。

契約が終われば、あらかじめ指定しておいた口座へお金を振り込みをして貰う事が出来ます。

キャッシングは、5万円以下の少額融資から利用出来、手元にキャッシングカードがあれば提携している金融機関やコンビニエンスストアのATMでいつでも借り入れが出来ますし、返済も自分の都合に合わせて返済方法が選べますのでいつでもどこにいても便利に利用する事が出来ます。