年収200万、ネットキャッシングでの利用可能額を知りたい

ネットキャッシングで借りたいとき、総量規制というルールがあると思うのですが、それがよくわかりません。年収200万円だったら、「どこで」「何を」いくらまで借りられるんですか? キャッシングというのが何を指しているのかも、ちょっとあやふやです。無知ですみません。わかるように教えてもらえると助かります。車のローンが残り50万円ある状態でだったら、いくらまで借りられますか?
(⇒年収と融資額の関係性について

消費者金融や信販会社から合計で70万円弱借りられる

総量規制が適用される「キャッシング」は、消費者金融や信販会社がやっている、個人向け融資サービスのことです。消費者金融はお金を貸していますよね。会社によっては複数のブランを扱っています。そのすべてが対象ではありません。一番メインの、といいますか、担保や保証人が不要で、カードを使ってお金を借りるタイプの簡便なローンがそれです。目的ローンとかおまとめローンとかビジネスローンなどは、キャッシングではありません。
(⇒どんな会社が融資を提供しているのか

信販会社ではクレジットカードを扱っています。クレジットカードというと、ショッピングに使うための後払い機能を連想されるかと思います。それはキャッシングではありませんので、総量規制は適用されません。でもクレジットカードのなかにはキャッシング機能が付いているものもあります。カードをATMに入れると現金を引き出せる機能です。それはキャッシングです。この部分に関してだけ、総量規制が適用されます。信販会社では車や住宅のローンも扱っている場合がありますが、こちらは総量規制は関係ありません。

銀行や信用金庫なんかでも、カードローンという名のキャッシングをやっています。でも銀行や信用金庫は、そもそも総量規制とは無関係です。なので収入がない方でも、審査に通れば借りられます。質問にお答えすると、年収200万円の方なら、消費者金融または信販会社のキャッシングプランで最大70万円弱借りられます。それ以外に銀行のカードローンで借りていたり、車や不動産を担保にしたローンがいくらあっても関係ありません。

つまり総量規制は案外、適用範囲が限定されているんです。現状キャッシングをしていない方なら、一社もしくは複数の消費者金融や信販会社から合計でそれだけ借りられます。ただし、理屈ではそうだというだけで、実際に借りられる額は審査の結果決まります。審査では、単に収入額だけを見るわけではありません。同じ収入額でも職業や勤め先や金融履歴によって、借りられる額は異なります。この説明でおわかりいただけましたでしょうか?(参考ページはこちら→融資審査で見られている部分について説明

ネットキャッシングは年収によって借入可能額が決まる

ネットキャッシングとはインターネットから申し込みが完結する仕組みをいいますが、現在ではほとんどの金融業者が採用する仕組みになっています。金融業者によって申し込みの手順が違う場合もありますが、金融業者のWEBサイトで必要事項の記入と提出書類のアップロードにより完了することが可能です。(参考ページはこちら→融資申し込みに必須の書類

ネットキャッシングはインターネット環境があれば便利に申込みができるメリットがありますが、融資に関わる条件については店頭で申し込んでも自動契約機を利用しても同じになります。申し込み方法が異なるだけですから、金利や借入可能額に関しても条件は同じになるのです。

キャッシングでは法律の改正によって金利の上限が定められていますが、同時に総量規制も施行されています。総量規制とは年収に応じて利用額を制限する制度となりますので、基本的には全ての金融業者で同じ条件となります。複数の業者から借入を行っても総量規制による借入可能額は変わりませんので注意が必要です。

総量規制によって年収に応じた借入額が決められますが、逆に言えば収入が無ければ利用することができないと言えます。以前であれば収入が無くても借り入れが可能でしたが、現在では収入が無い人が融資を受けることは困難だと言えます。

ネットキャッシングでは口座振込みによって融資が行われることが多いため、カードを発行しない業者が多くなっています。カードの発行と口座振込みを選択できる場合もありますが、口座振込みの方が多くなっているため振込口座を準備しておく必要があります。

ネットキャッシングではカードの発行が無い場合もありますが、どうしてもカードを必要とする場合には別の申し込み方法を選ぶ必要があります。店頭で申し込めばカードが発行されますし、自動契約機でもその場でカードの発行可能です。カードがあれば提携ATMを利用することが可能ですから利便性が高いですが、口座振込みでは自分の銀行口座を利用できるメリットがあります。