安易にキャッシングする事にはどんなデメリットがありますか

ついつい安易にキャッシングをしてしまいます。こんな風に安易にキャッシングしてしまう事でのデメリットはどんな事がありますか。(参考ページはこちら→融資には必ずメリットデメリットがある?

限度額一杯借り入れた複数枚のカードがデメリットの証です

安易にキャッシングをしてしまうのは何故でしょうか。今のカードは本当に簡単に使用できます。銀行のATMでコンビニのATMでまるで自分の預金を引き出すような感覚で借入れが出来てしまうのです。これが安易にキャッシングをしてしまう大きな理由ではないでしょうか。簡単にカードを使用出来る事自体は決して悪くはないのです。問題はこのキャッシングが借金なのだと意識していないのではないかと言う所にあります。
(⇒カードローンはATMから気軽にいつでも利用できます

カードをATMに入れて暗証番号を入力する。これは自分の預金をキャッシュカードで引き出す時と同じ状況です。あくまでもこれは借金なのだとこの状況で考えなければいけません。借金である以上返済しなくてはいけないお金であると意識しましょう。手元にお金が無くなった即カードを使うと言う所を少し変えましょう。一旦カードで借りた金額は返済のみ行うようにするのです。使うカードはキャッシュカードのみとします。何か月か頑張ってみるとキャッシング体質が改善されます。

返済のみ行う事で残高が減って行くのが分ります。ボーナス月など余裕のある月には少し多めに返済しましょう。急に出費が嵩みどうしてもキャッシングを必要とする時以外はカードを使わない。そういう生活が当たり前になってきます。借金体質から逃れる事が出来れば複数のカードを手にする事も無くなります。
(⇒残高が少ないなら一括で返済してみよう

キャッシングは手軽だけど、安易に使い過ぎない事も大切

急にお金が必要になった時に、すぐに必要なお金を借りる事が出来て便利なのがキャッシングです。利用をする為には、銀行や消費者金融で審査を受け、それに通る必要があります。実際に申し込んで審査を受け、通る事が出来れば、その後は、いつでも何度でも手軽に必要な現金を借入する事ができるようになります。
(⇒審査に通る為に必要な事とは

どれだけ堅実に生活をしているつもりでも、金欠になったり、突然の出費になったりする事は珍しくありません。そんな時に、周りに頼れる人がいれば良いのですが、誰も頼れる人がいないという場合など、キャッシングはとても心強い存在になります。
(⇒金融業者は比較的気楽に頼れます

更に、返済についても、リボ払いであれば月々数千円から1万円程度と少額で良い事も特徴の一つで、生活に支障をきたさず、無理なく返済をしていく事が可能となっています。ただ、この際、注意をしておきたいのが、現在の返済状況や利息の状態を知っておくという事です。

月々返済をしていると、それだけ借入金というのは減っていっているという感覚に陥ってしまいがちです。ですが、最初の頃は、利息の割合が多く、元金自体は殆ど減っていないという事があります。その状態で、手軽に借りる事が出来るからと、安易に借り入れを繰り返すと、それだけ元金が増えていってしまう事になります。

元金が増えると、それにより月々の返済額が増える事になりますが、10万円程度借り入れが増えても、返済額は3,000円程度のアップのみという事も珍しくなく、返済の額を見ても、少し借り過ぎた程度と感じてしまう事も珍しくありません。

この時点で、しっかりと元金や利息について確認をすれば問題はないのですが、ここでしっかりと確認せず、その後も安易に借り続けると、返済が困難な状態になっていく可能性があります。キャッシングには限度額があるから、借り過ぎる事はないと考えるかもしれませんが、手軽に借りられる状態に慣れると多重債務等に陥る可能性が出てくるので、注意が必要です。