口コミのブラックでもキャッシング出来るって信用出来る?

良く口コミなどでブラックでもキャッシングできるなんて言っているでしょ。あれって本当なのかしら。あの口コミ信用できるのかな。(参考ページはこちら→融資口コミの全体的な信頼性

嘘ではないでしょうが口コミ情報がすべて正しい訳ではないです

確かに口コミ情報でブラックでも貸してくれると書いてある消費者金融がありますね。大手の消費者金融は今顧客の品質を向上させようと考えています。顧客の品質向上と言う事は審査でのハードルを上げると言う事にもなるのです。そんな時、金融事故のあった人にでも貸しますと言う事はまずないでしょう。ただ中小規模の消費者金融は顧客獲得する事を目的としています。金融事故が5年くらい前の3か月延滞、それも完済した案件でそれ以降にマイナス履歴がないのなら貸付をするでしょう。(参考ページはこちら→融資が受けられる基準とは

金融事故にもいろいろあります。そのすべてのブラックに柔軟だと言う訳ではないと思いますよ。5年前の3か月延滞でも大手の消費者金融では先ず貸付不可となります。何年前でもやはり同じ事をする要素があるからです。金融事故の内延滞によるマイナス履歴は5年位で消えると言われています。それでもまだ履歴として残っている以上それは信用無しと受け止められても仕方のない事なのです。

延滞のブラックでは貸付た同じ消費者金融でも自己破産して間のない人への融資は行わないでしょう。ブラックと言っても内容は様々なので、口コミはたまたまその時がそうだっただけと言う事もあるのではないでしょうか。もちろん会社によっては金融事故履歴のある人でも現在の状況を加味して審査に通す所もあるので一概には言えません。どちらにしても属性も信用情報も問題のないようにクリアにした上でキャッシングに申込む事が大事ではないでしょうか。
(⇒会社によってはブラックでも融資が期待できる?

ブラック可なキャッシングは口コミを見て探す

現在日本では信用情報機関とよばれる個人の信用情報を記録している会社が存在し、信用を落とす行為をした場合には事故情報とよばれるリストに登録されてしまいます。この事故情報は一般的にブラックリストと呼ばれているもので、登録されてしまった人をブラックといいます。消費者金融、銀行に限らずほとんどの貸金業者では主に審査の際に安定した収入があるかどうかが最も重要視されますが、次点で大切なのがこの事故情報に登録されているか否かになります。

多くの方が誤解していることですが、基本的に収入が高いか低いかというのは審査にはほとんど関係することなく、収入が安定して入ってきているかが最も入念に審査されます。多くの場合、例えば大手の消費者金融や銀行等の比較的に審査が厳しいといわれているところであっても安定した収入があり、信用情報に傷がついていない場合には問題なくキャッシングを行うことができます。また、ブラックとひと言でいっても事故情報に入る理由にはいくつかあり、程度の低いものであれば問題なくキャッシングを行える場合もあります。(参考ページはこちら→ブラックリストでもOKな借入先について

事故情報に記録される最も多い理由は延滞です。延滞というのは貸金業者から借りたお金以外にも最近では携帯電話料金の未払いや奨学金の未払いにおいても登録されています。延滞といっても1日遅れてしまったらすぐに登録されてしまうわけではなく、払い忘れなどの事態も考慮して2ヶ月以上延滞してしまった場合に記録されます。事故情報記録としては最も軽度な理由といえますが、審査が厳しいといわれている銀行や大手の消費者金融の場合ではこれだけが理由で審査に落ちてしまうことが多々あります。

このため、事故情報に記録されてしまった人は銀行よりも審査が緩いといわれる消費者金融、それも大手ではなく中堅どころの消費者金融がお勧めです。最近ではネット上にほとんどの消費者金融での口コミが掲載されているため、ブラックでも借り入れを行えるかが確認できます。