銀行のキャッシングなら地方銀行のもみじ銀行が得ですか?

広島に住んでいます。銀行のキャッシングに申込もうと思うのですがやっぱり地元のもみじ銀行が得な事などあるのでしょうか。(参考ページはこちら→地銀の融資はなかなか便利?

地域密着のもみじ銀行はカードローンもクレジットも充実

広島在住なら地域密着のもみじ銀行は馴染みのある銀行で安心感がありますね。カードローンの種類には「マイカードもみじくん」「ミニカードローン」「マイカードプレミアム」があり金利も銀行ならではの低金利です。申込み条件にはもみじ銀行本支店の営業区内に居住勤務している人と限定してありますが、カードローンの種類によってはパート、アルバイト、専業主婦、年金受給者でも申込み可能のものがあるので確認して下さい。(参考ページはこちら→どんな仕事でも融資は受けられる?

特にこれと言う得なキャンペーンなどをやっているのではないのですが、やはり地元銀行で信用実績を積んでいると、住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンを利用しやすくなると言う利点があります。カードローンでのキャッシングを上手に長く利用し返済の遅延が一度もないと言う事は信用実績となります。それに何と言っても地元の銀行だと気安くいろいろな相談に乗ってもらえそうな感じですよね。
(⇒融資審査では実績が重要です

その他便利なカードにはキャッシュカードとクレジットカードが一体化したワンエムカードがあります。クレジットカードとして使用するたびにポイントが貯まる便利なカードですがキャッシングの際の金利はJCBカードキャッシングとして15%~18%となります。返済方法はリボ払いと一括払から選ぶ事が出来ます。1枚のカードでキャッシュカード、クレジットカード、キャッシングカードとして使え、ATMの手数料が無料になるという特典もあります。

銀行キャッシングともみじ銀行のカードローン

もみじ銀行は、広島県広島市中区胡町に本店を構える日本の第二地銀の一つです。創業は1923年(大正12年)11月、歴史のある地方銀行であり、昭和のバブル崩壊以前は、第二地銀の中では日本屈指の規模を誇っていました。

2014年3月末時点の店舗数は、出張所を含めて117か店、地方銀行の役割である地域経済の発展と地域住民への貢献をモットーにした事業経営を行っています。もみじ銀行のホームページにも、銀行の経営ビジョンとして「もっとみじかに!!じもと(地元)の銀行 もみじです」の言葉を掲載しています。

近年、一般消費者の方々の資金調達の手段として、金融機関の提供するカードローンサービスが広く普及するようになりました。その背景には、貸出金利の上限を明確に法規制したことや、キャッシングの利用者に対する貸金業者の違法な取り立てを取り締まる法制度が整ったことが大きく影響をしています。安心して利用出来る環境が徐々に出来てきたことが、カードローンの利用者が増えてきた理由だと言えるのではないでしょうか。(参考ページはこちら→正規業者からの融資はどこも安全

カードローンの提供は、消費者金融が主な提供先であったのはかつてのことで、現在では、金融機関と名のつくところはこぞってキャッシング用のカードサービスを提供するようになりました。もみじ銀行でも、お客様のニーズに応えて、タイプの異なる3種類のカードローンを販売しています。

「マイカードプレミアム」は、ご利用極度額が最高500万円、金利は変動金利で年4.450%~年11.450%とゆとりのある設計になっています。また、ご利用極度額300万円の「マイカードもみじ君」は、固定金利でご利用極度額30万円~100万円までは年12.000%又は年14.500%、ご利用極度額110万円~300万円は年8.500%又は 年12.000%です。どちらも他行の同等商品と比較して遜色のない金利水準です。(参考ページはこちら→融資金利は比較するとお得かどうか分かる?

また、同行の口座を公共料金の引き落とし口座などにご利用の方には、残高不足を自動融資機能で補う「ミニカードローン」があります。ご利用額は10万円・20万円・30万円・50万円と小口ですが、残高不足の不安をせずに済み、また、固定金利年10.5%はメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。