クレジットカードでキャッシングなしだったら無職でもOK?

仕事を辞めて次の勤務先がまだ決まっていません。キャッシングは出来なくてもクレジットカードに申込みしたいのです。キャッシングなしでも無職ではダメなのでしょうか。何とか良い方法を教えてもらえないでしょうか。(参考ページはこちら→無職は融資を受ける事ができない?

どの場合でもクレジットカードの申込み条件は定収入のある事です

無職である以上、定収入のある人とは言えません。キャッシングのある無しに関わらずやはりクレジットカードに申込む事は難しいです。ただ、未婚者なら親に既婚者なら配偶者にカードを作ってもらい家族会員カードを持つ事は可能です。この方法なら無理なくクレジットカードを所有出来ます。家族カードの場合支払は登録家族名義の口座引き落としとなります。
(⇒やはり審査は甘く無い?

次の勤め先が決まっていないのでは大変ですよね。じっくりと就職活動をされるのも大切な事ですが、勤務先が決まるまでアルバイトでもパートでも良いのでとにかく仕事に就く事を考えてみて下さい。アルバイトでも作れるクレジットカードはたくさんあります。キャッシングが付いたカードへの申込みも可能です。安定した収入を得ると言うのは信用に繋がります。(参考ページはこちら→仕事をしていて収入があるなら審査には十分通る?

法に触れそうな手を使ってクレジットカードを手に入れるのではなくて、自分で何とか勤め先を探す、それがどうしても出来ない場合は親に頼んで家族カードを発行してもらうようにしましょう。無理をしてクレジットカードを手に入れてもいざ支払う時に支払えないのでは反対に信用を失墜するばかりです。

キャッシングなしだったら無職でもクレジットカードは作れる?

キャッシングがなぜ無職では作れなくなったのかといえば、総量規制の法律が関係しています。もちろん無職では返済能力に問題がないとは言えませんので、総量規制の法律が施行される前でも審査落ちする可能性は十分ありました。しかし「絶対に審査に通過しない」とは言えなかったのが事実です。

総量規制とは「年収の3分の1を超えて貸金業者は貸付を行ってはならない」という法律であり、無職は収入がゼロの状態なのでそもそも「総量規制の範囲」が存在しないことになります。貸し付けの対象にしてはならないわけです。これは厳密な法律ですので、反した貸金業者は刑事罰や行政処分を受けることになりかねません。まともな業者であれば厳守します。専業主婦も無職と同様に収入はありませんので、自分だけの単独契約で貸金業者からキャッシングすることはできなくなったのです。(参考ページはこちら→専業主婦なら場合によっては借り入れ可能?

ただしこれはあくまでもキャッシングの場合です。ショッピングはこの法律に制限されることはありません。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二つがあり、キャッシング枠だけでカードを作ることは出来ませんが、ショッピング枠だけのクレジットカードはあります。キャッシングなしだったら無職でも、クレジットカードが作れる可能性はあるのです。

主婦でもなく、まったくもって無収入の申込者であった場合に、そのクレジットカード会社が審査に通過させるか否かは、その会社個々の審査方針によります。審査に通過させても問題はありませんし、審査落ちさせたとしても、これも問題はないわけです。当然無職では審査に通過するのは大変難しいので、その点は充分に覚悟しておきましょう。

ただしショッピング枠のみのクレジットカードの申し込みで所得証明まで求められることは早々ありませんし、在籍確認も自宅にするか勤め先にするか、自分が選択できることも少なくありません。全体的にショッピング枠のみの場合には、審査手順が緩やかです。