破産者でもokと言うキャッシングがあれば教えて下さい

5年前に自己破産しました。ブラックOKと言うカードローンのDMを時々見かけますが破産者でも申込めるのでしょうか。(参考ページはこちら→自己破産後はどうなっているのか

要注意!ブラックOKと言う金融会社はヤミ金融が多いですよ

まずブラックOKなどと言う甘言で誘う金融業者はヤミ金まがいの所が多いと言う事を知って下さい。ブラックと言うのは過去に金融事故があった人の事です。金融事故は自己破産、任意整理、そして3か月以上の延滞などです。個人信用情報機関にその金融事故内容の履歴が残る為、情報を照会した金融業者はそれによって審査可決か否決を決めるのです。過去に金融事故を起こしている人が借入れたお金をきちんと返済してくれるかどうか、そんなリスクを抱えてまで貸付をしてくれる程金融業者はお人よしではありません。

自己破産の履歴は最低でも7年間は残ります。履歴が残っている以上どの金融業者も審査否決となってしまいます。それを見越して甘い言葉で誘って来るのがヤミ金融業者です。うっかりと手口に乗って申込みをしてしまうと、詐欺まがいの被害にあったり、法外の金利で身動きが取れなくなってしまう危険があります。後せめて2年間新たな借入れを考えるのではなく収入のみで切り抜けるようにして下さい。

自己破産の履歴は何年で消えるのかはっきりとは言えません。7年と言う人がいれば10年と言う人もいます。信用情報開示請求をして自分で確認するしかないのですが、例えば7年で履歴がまだ残っていてもカードを作れる人もいるでしょう。10年経っても審査に通らなかったと言う人もいます。信用情報の他の属性、現在勤めている会社の規模や職種、勤続年数、収入などで信用がおけると評価されれば審査可決となるでしょう。

とにかく焦ってヤミ金融などに申込む事はやめて下さい。自分の信用情報を開示請求し、しっかりとマイナス要因が無い事が確認できたら、消費者金融へ申し込むようにしましょう。そしてカードを手に出来たら、今度は計画的な利用を心掛けて、決して以前のような間違いを再度犯す事のないように充分な注意が必要ですね。

破産者でも利用okなキャッシング会社は存在するのか

自己破産を行った場合、個人信用情報機関にその情報が記録されます。この情報は7年から10年間保存され、この状態では破産時に利用していなかった会社からも破産した事実を追跡することができます。そのため、銀行や大手の消費者金融などは貸し倒れのリスクが高いと判断するため、破産者はこの情報が削除されるまではこれらの会社からキャッシングすることが難しくなります。(参考ページはこちら→融資の審査は常に慎重?

稀にこの情報が残っていても利用できるケースもありますが、余程収入が高いなど、破産者であっても返済能力が高いと判断される要因がなければ認められることはないため、一般的にはあまり期待できません。しかし、情報が残っている状態であってもキャッシングokである会社はあります。
(⇒収入が高ければ大抵の融資は可能に?

このような状況では、中小の消費者金融に申し込みを行います。中小の消費者金融では個人信用情報機関に事故情報が登録されているだけで審査に落とすことはなく、現在の返済能力によって審査を行います。そのため、現在継続して返済遅延などを起こしていない限り、審査に通ってキャッシングを利用できる可能性があります。

自己破産を行った場合、免責が認められれば債務がなくなっているため、現在は金融事故を起こしていない状態になります。そのため、安定した収入があれば利用できる可能性が高いです。免責が認められていない場合は債務が残ってしまっているため、利用は難しいです。

また、中小の消費者金融は大手のような宣伝は行っていないため、知名度は低いです。そのため、インターネットの口コミなどでどこで申し込みを行えるのか、審査の厳しさや安全に利用できるかなどを確認します。

このように破産者であっても利用okなキャッシング会社は存在するため、お金に困ったからと闇金融に手を出してしまわないように注意します。ただし、一度自己破産しているということは同じことを繰り返す危険性もあるため、破産者でも利用できると安心せずに、できるだけお金の不足が起きないような生活を心がけるようにします。

【参考ページ】
金融事故後は無理に借り入れないのも大事