キャッシングで必要なのは運転免許証と源泉徴収票だけですか

キャッシングの申込みで必要なものは運転免許証と源泉徴収票だけでしょうか。他に何かいるものはないですか。本人確認が出来るものは運転免許証以外にどんなものがありますか?(参考ページはこちら→融資にて有効な身分証明書について

希望金額が大きくなければ運転免許証だけでOK!

通常のカードローンなどキャッシングカードの場合、消費者金融、信販会社なら50万円、銀行では100万円くらいまでの融資金額なら運転免許証など本人確認書類のみで収入証明は不要としている所が多いです。その金額を超える場合は源泉徴収票などの収入証明を用意して下さい。もしも運転免許証の住所が現住所と違う場合は官公庁からの郵送物もしくは住民票が必要となります。
(⇒融資では予め収入証明を用意しておくと楽

カードローンやクレジットカードなどを申し込む時、必ず本人確認書類が必要ですが、これは他人がその人になりすましてカードを作る事を阻止する為にどうしても必要な確認事項となります。本人確認をした後電話での確認も併せて行い、申し込み者が間違いなく本人であると確定した上で融資を行います。これをいい加減にされたのでは、まったく身に覚えのない請求が来て初めて自分の名義を悪用されたと気付く、なんて事になりかねないですものね。

本人確認書類の中で一番良いのは運転免許証ですが、パスポートや健康保険証でも大丈夫です。あくまでも本人であると確認出来る事が必要なのです。これは店頭に行って申し込む時には原本を、郵送が必要な時にはコピーを取って下さい。ネットの申込みの時は写真添付で良い場合もあるので各サイトで確認して下さいね。融資金額によっては必要な収入証明も同様です。

収入証明は源泉徴収票、課税証明書などです。金融会社によっては直近何カ月かの給与明細でも良い場合もあります。特に消費者金融や信販会社は総量規制の為に収入証明提示が必要な場合が多いです。申込み時だけではなく、すでにカードを持っていて限度額の大きな人に関しては文書で収入証明の送付依頼があり、その結果限度枠の見直しがなされ、特に何社かの限度額の合計が年収の3分の1を超えている人はほとんどのカードの限度額が0になってしまうなどと言う事もあったのです。

銀行のカードローンは総量規制対象外なので、そう言った事もなく複数カードを持っている人のおまとめローンなどにも利用されています。銀行の場合でも100万円以上の融資には収入証明が必要な場合が多いので用意しましょう。

源泉徴収票だけあればキャッシングも利用できて

キャッシングでお金を借りる際には収入証明書というものが必要となる場合があります。

いらないという場合も結構多くありますが、厳しいところではちゃんと収入証明書がないと貸すことができないというところも結構多いです。

収入証明書というものは、会社でもらっている給料明細3か月分もしくは源泉徴収票です。源泉徴収票だけの場合には一枚だけ摂っておくだけでいいので、保管も楽になります。

収入証明書があれば、それだけ信頼度もあがり、何もないときよりも多くのお金が借りることができる可能性もあります。収入証明証を求められた場合には、源泉徴収票だけ出すことで、増枠してもらうことも可能になることもあります。

総量規制というものが最近できたために、そういったことはとても厳しくなっており、収入証明証を求めるところも結構出てきているので、いざとなったときのためにとって置く必要があります。
(⇒銀行なら総量規制も気にしなくて良い?

キャッシングをしていて、収入証明書がない場合には減枠されてしまうというところも稀にあるので、借りる枠が減らされたくない場合には、しっかりととっておくことが重要です。

源泉徴収票だけある場合アルバイトや派遣業などでも、毎月収入があるということで、審査に通りやすくなります。収入が全くないという人の場合にはなかなかお金を貸してもらうことができませんが、源泉徴収票があるということはしっかりと働いているということを証明することができるために、お金を借りることができます。(参考ページはこちら→職業の内容までは重要視しない?

キャッシングを利用したいという場合には、収入がしっかりあって、返してもらうことができる見込みがあるという場合に貸してもらうことができるので、自分の年収がどのくらいかということをしっかりと示すことができる源泉徴収票はキャッシングを利用する場合には欠かせない存在になります。

審査にしっかりと通すことができるように、源泉徴収票などの収入証明書はしっかりと取っておいて備えておくことがとても大切です。

【参考ページ】
やはり融資では年収が最重要?