東日本銀行のキャッシングカードはショッピングにも使えるの?

東日本銀行のキャッシングカードにはどのような便利さがありますか。ショッピングにも使えるのですか。(参考ページはこちら→自分が使う融資の良いところを知ろう

東日本銀行のキャッシュカードはクレジット機能など便利が一杯!

東日本銀行のカードローンは様々なニーズに応えられる便利なカードです。商品としては「ゆあポケットⅡ」「ザ・ドクター」「ホームカードⅡ」などがあります。金利はもちろん銀行ならではの低金利です。ただこれらは融資を受ける為のカードでショッピングは出来ないのです。では東日本銀行のキャッシングカードでショッピング機能のついたものはないのでしょうか。

いえいえ東日本銀行のキャッシュカードには「Next to You」と言う一枚にたくさんの機能を兼ね備えているホントに便利なカードがありますよ。「Next to You」はキャッシュカード、クレジットカード、デビットカード、そして当座貸越安心パックに申込んでおけば残高不足の時の立替機能も追加する事が出来る、まさに万能のカードなのです。

キャッシュカードは言うまでもありませんね、デビットカードサービスは買い物などをした場合に口座から即時に決済される機能で、ATMがカードの中に入っていると言う感覚、現金と同じ手軽さで使えます。クレジットカード機能はショッピング、キャッシングなどのクレジット機能です。海外でももちろん使用でき、年会費も無料のお得なキャッシュカードとなっています。当然東日本銀行の口座を持っている人に限られますし、クレジット機能については審査もありますが、一枚のカードで本当に世界が広がりますね。

東日本銀行のキャッシングサービスを利用したい

キャッシングサービスを利用するなら銀行系がいいと思ってる方もいらっしゃるでしょう。

銀行系のキャッシングサービスなら、例えば東日本銀行があります。

東日本銀行は東京にある第二地方銀行ですが、キャッシングサービスも提供しています。

銀行系のキャッシングサービスを利用することにはいくつかのメリットがあります。

しかし同時に、デメリットもあります。

したがって利用する際には、その両方をどちらも見ておくようにしましょう。

まず銀行系のメリットですが、信頼性と安心感があります。

お金の貸出元が銀行であるというのは、イメージ的な点で利用者に安心感を与えるものです。

また、金利が安いという側面もあります。

金利の安さは消費者金融や信販系と比べても明らかですが、こうした資金調達コストの安さは利用者に大きなメリットとなります。

特に大口利用者の場合はや長期借入を行う場合は、金利が安いというのは心強い存在となります。

さらには、総量規制の対象にならないことも大きなメリットです。

総量規制は借入制限を設けたもので、申込者の年収の3分の1までしか貸してはならないことになっています。

この総量規制について、消費者金融系や信販系は対象になりますが、銀行系は対象になりません。

対象にならない銀行系では、制限を気にすることなく希望融資額通りのお金を融資することができるのです。

これは貸し手にとっても借り手にとってもメリットであるといえるでしょう。

一方デメリットとしては、例えば審査基準が厳しいことが挙げられます。

銀行系の場合は誰に対しても無条件でウェルカムというわけではなく、厳しい審査基準を通過した人間だけに利用を認めます。

収入はもちろん、勤務先、居住形態、家族構成、加入保険、信用情報など、多くの審査項目がありますが、銀行系ではそれら審査項目について厳しい基準を設定しています。
(⇒融資審査に通る為に必要な事

さて、東日本銀行のキャッシングサービスを利用する際は、このような特徴について前もって考慮しておきましょう。

【参考ページ】
融資のメリットデメリットは必ず確認