郵便局でキャッシングできるカードはキャッシュカードとは違うの

銀行ではキャッシュカードがそのままキャッシングカードになるって聞いたのですが、郵便局のキャッシュカードもそのまま使えますか。キャッシュカードとキャッシングカードは違うの?

JPバンクカードはキャッシュカードと一体型のカードです

銀行のキャッシュカードのようにそのままキャッシングカードとして使える訳ではないのですが、郵便局にはJPバンクカードと言う、キャッシュカードとクレジットカードが一体になったカードがあります。ただJPバンクカードはキャッシュカードとして口座からの引き出しは出来ますが預入は出来ません。クレジットカード機能があるので、このカードでキャッシングもできます。

JPバンクカードの他にキャッシュカードに電子マネー機能の付いた「ゆうちょICキャッシュカードSuicaもあり、鉄道、バスなどやショッピングにも使える電子マネーでチャージして使用します。引出、預入も出来る通常のキャッシュカードとして使用出来ます。キャッシュカードとキャッシングカードはまったく用途が異なります。キャッシュカードは口座預金の引き出しや預け入れに使用するカードで、キャッシングカードはお金を借入れる時に使用するカードです。通常はクレジットカードに付加されているキャッシング機能のカードの事を言います。
(⇒お金を借りるなら別途審査も必要です

今までの磁気キャッシュカードからICキャッシュカードへの切り替えはゆうちょ銀行の窓口で無料で行っています。本人確認書類、印鑑、通帳、カードを持参すれば切り替えが可能です。

【参考ページ】
融資をしてくれる金融業者には様々なところがあります

郵便局キャッシングはATMやインターネットから利用出来る

郵便局キャッシングは、既にキャッシングリボやキャッシング一括の利用枠を設定している方が利用出来るようになっています。(参考ページはこちら→融資のリボって一体何?

設定された利用枠の範囲内なら繰り返し利用可能で、郵便局のCDやATMや提携している金融機関のATM、またはインターネットや電話でも可能です。

CDやATMでは、JP BANK カードとクレジットカード暗証番号が必用になります。

また、インターネットではキャッシング振込サービスを行っていて、24時間、年中無休で借入れの申込が出来るようになっています。

申込のあと、5営業日後にカード利用代金支払い口座に振り込んでもらえて、手数料は無料になっています。

電話での申込でもクレジットカード暗証番号が必用になります。

支払方法は、リボルビング払いと一括払いがあり、リボルビング払いは元金と利息を合わせた一定の金額を、毎月支払日に返済していき、一括払いは、毎月締切までの利用金額に利息を加えた金額を、支払日に口座から引き落としされます。
(⇒実は一括払いの方がお得?

リボルビング払いの一般カードの場合、利用金額10万円と20万円では1万円から5万円までの返済額になり、30万円では2万円から6万円の返済額になります。

実質年率は、15.0%です。

またゴールドカードもあって、10万円から20万円までは同じく1万円から5万円の返済額、30万円から50万円では2万円から6万円となっています。

実質利率も同じく、15.0%です。

返済期間や回数は、利用残方と返済方法によって変動して、新しく入会したときは、どの利用金額でも返済額は毎月1万円となっています。

一括払いの場合は、実質年率15.0%で返済期間は26日から56日間となります。

また、郵便局の営業時間のキャッシングは、窓口では出来ないのでCDやATMのみからの利用になります。

郵便局に設置されているCDやATMからキャッシングするときに、操作方法が分からないときは、営業時間内だけしか郵便局員に聞くことが出来ません。

初めての場合など、操作に不安があるときは出来れば営業時間内に行った方がよいでしょう。