在籍確認なしで審査が通るというキャッシングって大丈夫?

キャッシングに申込むと必ず在籍確認はありますよね。在籍確認なしで審査が通りますなんて言うのは何だか怪しいように思います。そういう所はやっぱり不安ですが、妹が申し込もうとしています。大丈夫なのでしょうか。
(⇒融資を使う前に不安になったら

在籍確認はキャッシング審査にとっては必ず必要な確認事項です

キャッシングに申込む時、勤務先や勤続年数など申込み事項に記載します。ネットでの申込みも店頭での申込みも電話での申込みも同じです。それに嘘があってはいけないし、嘘はないと金融会社側も思っています。でもやはり大勢の顧客の中には無職でありながら以前勤めていた会社名を記入したり、実際はアルバイトなのに大手企業の会社名を勤務先だと記入する人もいるのです。そういった不正を見逃さない為にも在籍確認はなくてはならないものなのです。
(⇒ちゃんと仕事していないと融資は不可能です

全面的に申込み顧客を信頼して在籍確認を行わないと言う、中小規模の消費者金融が無いとは言えませんが、少なくとも名前を聞いた事のある消費者金融会社はほとんどが電話による在籍確認を行っています。中には直近の給与明細や健康保険証で実際に勤務していると言う在籍確認としている所もあるので確認して下さい。ただその場合でも書類による在籍確認となるのですよね。

結論から言うと在籍確認はありませんとうたっているのはやはり怪しいです。その会社をインターネット検索し、自社サイトがあるか確認して下さい。あれば貸金業の登録番号があるか加盟団体はどこかなども併せて確認して下さい。登録番号があればその会社はヤミ金融ではないと言う事になります。加盟団体の番号があれば尚更です。そういう所をしっかりと見極めて申込みを行うように妹さんに助言してあげると良いのではないでしょうか。

在籍確認なしで審査通るキャッシングはあるか

消費者金融、銀行問わずほとんどの貸金業者では在籍確認が義務付けられています。在籍確認というものは主にキャッシングの申込者に対して申請した職場に本当に勤めているかどうかを確認するために働き先に電話をすることを指します。キャッシングの審査では何よりも安定した収入を得ているかどうかが問われます。そのため安定した収入を得ていないにもかかわらず安定した収入を得ているように偽造して申請する人が後をたたず貸金業者をこうした行為への対策として在籍確認を行っています。(参考ページはこちら→融資で在籍確認が大事なのは当然?

しかし在籍確認なしで審査通るキャッシングも少なからず存在します。在籍確認なしを宣伝している貸金業者はほぼ存在しませんが、担当者へ直に談判することによって代替措置をとってくれるとこも数多く存在します。代替措置は貸金業者によって異なりますが、代替の場合給与明細や社員証などで会社に勤めていることを証明することになります。代替措置があるとはいえ基本は職場への電話の在籍確認になりますので、やむを得ない事情があることを伝えることが重要です。

そもそも在籍確認とは本人が会社に勤めていることを確認するだけの作業です。キャッシングを利用する多くの人が心配なのが同じ職場の人に貸金業者を利用していることがバレないかという点ですが、金融会社側としてもその点は踏まえているので、できる限り同僚や上司にバレないように電話されます。具体的には消費者金融の場合、提携先の銀行名を名乗ったりする行為です。クレジットカードの発行等でも在籍確認は同じようにされますが、クレジットカードを持つことは恥ずかしい行為ではなく、むしろステータスとも言えることなのでクレジットカードの発行を装うことも多々あります。

このため、同僚にバレるのが嫌だから等の単に在籍確認を拒否する旨を伝えるよりも、やむを得ないような事情を伝えるのが重要です。個人情報の観点から勤め先では社員が在籍しているかは伝えることができない決まりになっている等の理由が一般的です。