審査なしのキャッシングがあるというのは本当ですか

よくキャッシングのDMで審査なし、と言うのを見かけます。本当に審査のないキャッシングがあるのでしょうか。

審査無しなどと言うキャッシングはあり得ません!

お金を貸す時にその人がどういった人なのか分からないまま貸す人はいないですよね。ましてや会社として融資をするのであればきちんと審査した上で融資をするかどうか判断するでしょう。それが当然の事です。審査無しとかブラックokと言う文言をチラシなどで見かけますが、これはあり得ない事です。独自審査と言う事がない訳ではありませんが、やはり過去の金融事故などは審査の上では即刻否決対象です。

こういう甘い言葉で客を募るのはヤミ金融の事があるので要注意です。通常の消費者金融会社はネット上に自社サイトを持ち、申し込み条件や融資返済について、実質年利についてなど細かく記載しています。ネット上でホームページを持ち、登録番号や加盟団体を明記している会社はまず大丈夫と思って良いでしょう。審査無し、誰にでも貸します、ブラックokと言う会社はホームページを持たない所がほとんどです。

誰にでも貸す、ブラックokと言うのは過去に金融事故があった人にでも融資しますよ、無職の人にでも貸しますよと言う事ですね。その時点でヤミ金融を疑って下さい。無職でキャッシングに申込めない人、多重債務の挙句に自己破産をした人、任意整理をしたばかりの人。様々な事情でキャッシングが出来なくなってしまった人がどうしてもお金が必要な時にこういう文言のチラシがあればつい申込んでみようかと言う気持ちになるのも良く解ります。でも、それがこういったヤミ金融のねらいなのです。

審査なしのキャッシングとは存在するのか?

キャッシングを行う際には審査をして、その人がどんな人か確認を取るのが一般的となっております。この理由は当然のことながら貸したお金をしっかりと返してもらう為となります。
(⇒キャッシング審査の必要性

そうなると、どのような仕事に就いていて収入がどの程度なのかや、そのほかにどのような支払いをしているのかなどを知る必要があり、これをしないことは業者側にとってはリスクが高くなるだけとなります。(参考ページはこちら→金融業者の仕事確認方法

では審査なしのキャッシングとは存在しているのでしょうか、インターネットなどで検索をしてみると、確かにそのようなことを謳ったキャッシング業者が見つかります。

しかし先ほども言った通り、業者にとってはリスクの高いことですし、何より審査をしないという事は不可能に近いのです。

この理由は総量規定と呼ばれる法律によるもので、この総量規定は借りる方が借金によって破綻しないようにと制定された法律になります。

昔はそのような法律はなく、少ない収入で多額のお金を借りる方が多くいました。その結果お金を返すことができなくなり、業者も強引な取り立てを行わざるを得なかったのです。

このことが社会問題となり、それを防止する策を国が制定したのです。それは利用者側の年収の3分の1以上の金額を貸すこと禁じたのでした。

これによって悪徳業者も減り、借金で破綻する利用者も減少していったのです。それと同時に、業者側はお金を貸す際に、その方の収入やそれ以外の支払いなどを、知らなくてはならないこととなったのです。

ですので審査なしのキャッシングですと、その方の年収がいくらなのか、もっと言えば働いているのかさえ分からないこととなるのです。

そのような状態では法律を守ることがほぼ不可能という事になります。ですので審査なしのキャッシングを行っている業者は法律を無視した悪党業者の可能性が高いという事になります。

このようなことを謳っている業者の多くは、超高金利の利息をも置けていたり、手段を選ばない強引な取り立てを行っていることが多く、中には詐欺の手口として行っている場合もございますので、注意してください。