サラリーマンのキャッシングで特に気を付ける事がありますか

サラリーマンのキャッシングは以前と比べてどのように違ったのでしょうか。今はとても安心なキャッシングローンだと思うのですが、借入れについて何か特に気を付ける事がありますか。
(⇒今と昔の金融業者は違う?

サラ金と呼ばれていた頃と比べるとずい分低金利に!

以前サラリーマンのキャッシング、カードローンはサラ金と呼ばれ、高金利で返しても返しても残高は減らず、返済の為に借入れをすると言う悪循環な状態になる人が多くいました。多重債務者が多く出たのもこの時期です。金利は軒並み29.2%でした。出資法の上限金利が29.2%で利息制限法の上限は20%でした。利息制限法の上限を超えても刑事罰にはならないけれど、出資法の上限を超えると刑事罰の対象となるのです。(参考ページはこちら→融資の金利は今でもしっかり確認しよう

その為にみな上限いっぱいの29.2%の設定をしていたのです。貸金業法の改正に伴い、出資法の上限利息が20%と変更された為、現在の金融業者の金利設定は消費者金融は軒並み18%位の利息に落ち着き、銀行のカードローンはさらにそれより低い金利設定となっています。今のカードローンはまず低金利。そして申込み方法の簡素化、ネットでの簡単申込みとATMでの借入れ返済、借入れは以前の1万円単位から千円単位に借入れ単位も変わり、月々の返済も追加返済もATMで出来てしまうと言う便利さです。

こういった状況から以前のサラ金のイメージがなくなり、また大手消費者金融はメガバンクの傘下に入ったり、提携したり、銀行グループとして名を連ねています。これもサラ金のイメージを銀行と言う安心安全とを前面に打ち出したイメージに変更させた原因の一つです。安心して利用できる消費者金融ですが、気を付ける事と言ったら使い過ぎてしまわない事、計画的な借入れ返済を行う事ですね。

【参考ページ】
今の消費者金融はサラリーマン以外でも使える?

サラリーマンはキャッシングの審査を受ける上で有利なの?

キャッシングは、銀行や消費者金融などの金融機関が取り扱っている金融商品の1つです。当面の利用がない場合でも、申し込んでおくことで急にお金が必要になった場合にも、すぐにATMや店舗の窓口からお金を借りることが可能です。

しかし、残念なことにキャッシングは申し込みをしたからといって誰もがすぐに利用できるわけではありません。利用するためには、各金融機関の実施する審査に通らなければなりません。

審査は、その申込者にお金を貸した場合、きちんと返してくれる信用できる人物かどうか、つまり返済能力の有無を判断するために行われます。審査の基準は金融機関によって異なるため、一概には言えませんが、大くの場合、安定した職場で働いており、継続収入があることを重視しています。そのため、自営業や個人事業主のように、月々の月収が安定しない仕事に就いている人よりも、毎月決まった日付に、決められた月収が口座に振り込まれる、会社勤めのサラリーマンの方が審査を受ける上では安定していると判断され、有利となるのです。(参考ページはこちら→自営業でも融資が無理とは言えない?

当然ですが、働いておらず収入がない無職の人がキャッシングに申し込みをしても、安定していない、返済能力がない、と判断されて、審査に落とされてしまいます。

しかし、審査の基準はそれだけではありません。いくらサラリーマンとして会社に勤めていても、勤続年数が極端に短かったり、いくつもの職場を転々としているケースでは信頼度が下がってしまいます。さらに、既に他社からの借り入れがある場合や、過去に返済の遅延などのトラブルを起こしたことがある場合も審査に影響してしまいます。

また、短期間に複数の金融機関にキャッシングの申し込みを行うと、多重申込だと判断され、申込ブラックとして情報が登録されてしまいます。この情報の登録が削除されるまでは、新たな申込をしても審査に落ちてしまうことがほとんどですので、多重申し込みにはくれぐれも注意が必要です。