無職でもキャッシングの出来る所はありますか?あったら教えて

無職ではキャッシングなど出来ないですよね。友達は無職でも貸してくれる消費者金融があると言うのです。本当ですか?そんな所があったら教えて下さい。

無職でも借りられる消費者金融なんてありませんよ

消費者金融は貸金業法の総量規制の為に収入が無い人への貸付は出来ないのです。定収入が見込めない無職の人への貸付は消費者金融だけでなく総量規制対象外の銀行にしても審査以前に受付不可となってしまいます。無職の人がカードを作る方法については親にカードを作ってもらい家族カードを作る、派遣社員登録をして勤務先登録をする、法人登録をして個人事業主となるなどがあるのですが、どれもあまりお奨め出来るものではありません。
(⇒融資の総量規制について悩むなら

家族カードは親御さんの承諾があるのなら良いとは思うのですが、他のものは法的に問題は無くてもあまり感心しません。それよりもどんな事でも良いので仕事を見つける努力をした方がずっと良いと思うのです。収入は少なくてもアルバイトやパートで定収入を得る努力をすべきです。銀行のカードローンも消費者金融も信販系のキャッシングカードもアルバイトやパートであっても一定した収入が見込める人には柔軟な対応をしてくれるのです。

まずは仕事を持ち、しっかりと信用を積む準備をしましょう。勤務先がアルバイトでは嫌などと言われる人もいるようです。でも無職のままでは絶対にキャッシングカードは望めませんよ。最低でもあと2年アルバイトでも良いではないですか収入を確保し、より良い生活が出来るようにするべきだと思うのです。

無職でもキャッシングを利用することができるか

多くの場合キャッシングを利用する場合には消費者金融か銀行を利用することになりますが、いずれにせよ審査で最も重要視されるのは安定した収入があるか否かという点です。無職でも場合によっては借り入れを行うことができますが、殆どの場合審査におちると考えたほうが自然です。尚、無職というのはアルバイトもやっていない人を指しますが、無職といってもネット上でアフィリエイトなどの広告収入やヤフーオークションなどの転売で稼いでいる場合には自営業とみなされ、審査に合格することも可能です。(参考ページはこちら→無職でも収入があるなら問題無し?

ただし、貸金業法とよばれるキャッシングに関わる法令において総量規制というものがあり、消費者金融では年収の3/1以上の額を融資してはいけないというものがあります。これは消費者金融のみに適応される法令であり、銀行には適応されませんが、一般的に審査が厳しいとされる銀行の審査に肩書きのない無職の方が合格するのはそもそも現実的ではありません。もし消費者金融において3/1以上を借り入れした場合には借り入れを行った本人ではなく、消費者金融側が法令によって罰せられてしまいます。

このため消費者金融の審査では収入証明が重要になってくる場合が多々あります。偽者の給与明細を発行するようなサービスもネットを中心に普及していますが、金融機関の信頼を裏切ることになりますし、そもそも違法行為であるため、あまりお勧めできません。尚、審査には在籍確認とよばれる本人が申請した仕事を本当にやっているかを電話で確認する作業もありますが、ネットなどで稼いでいる場合には仕事場が自宅になるわけですからこちらはさほど問題にはなりません。(参考ページはこちら→融資審査に存在する過程について解説

このように無職であってもキャッシングを行う裏技のような方法はいくつか存在しますが、あまり現実的ではないため、アルバイトやパートなどの簡単な収入を得る方法を始めることが最も確実であるといえます。キャッシングの審査で最も重要視されるのは肩書きなどではなく、安定した収入があるか否かという点です。
(⇒結局どんな仕事なら融資が可能になるの?