キャッシングは年収1/3以内対象外になるのはショッピング枠?

キャッシングは年収の3分の1以内の借入金額と規制されていますが、ショッピング枠は対象ではないのでしょうか。

対象はキャッシングのみショッピング枠は総量規制の対象外です

総量規制の対象は消費者金融や信販会社のキャッシングに関してのみです。ショッピング枠には規制はありませんので安心して下さい。総量規制によってキャッシングの借入は年収の3分の1以内と決められています。これは次々とキャッシングをする事で何社にも借入れをしてしまう多重債務を阻止するのを目的に施行された規制ですが、銀行での借入れは対象外です。他に住宅ローンやマイカーローンも対象外ですし、急な医療などで融資が必要な場合や個人経営の人への融資などは例外となる場合があります。
(⇒金融業者によって例外の範囲がある

ショッピング枠は総量規制対象外の為、かなり大きな額の枠が設けられている事があります。例えばキャッシングは30万円の限度額なのにショッピングは100万円の限度額となっている事もあります。これは収入からすると他社カードの限度額も併せるので30万円しか貸せないけれど、信用実績はあるので100万円までのショッピング枠は付けますよ、と言う事ですね。
(⇒実績があると融資審査は有利になります

これを利用して、クレジットカードの現金化などと言う違法な使用をする人も出て来ています。もちろんこういった使い方は法を犯すものですから罰せられます。カードも即利用中止となり、せっかく積み上げた信用も崩れてしまうのです。安易にそういう事に手を出すのはやめましょう。クレジットカードでのショッピングは手元に現金が無くても欲しい物が買え、少し高額のものは分割での購入も可能になります。キャッシングと同じようについ買い物をし過ぎてしまうと言う事にもなりかねません。やはり充分に計画してカードを利用すると言う事が大切なのです。

【参考ページ】
総量規制が気になるなら銀行から借りるべき?

キャッシングの年収1/3はショッピング枠?も含まれるのか

キャッシングを利用する場合は総量規制に注意する必要があります。

銀行の借入は総量規制の対象とはなっていませんが、消費者金融での借入は総量規制の対象となっていることはよく知られています。

個人への過剰な貸付を防ぐために作られた制度ですが、借入できる金額は年収1/3までとなっています。

消費者金融の場合は、小額の借入の場合は本人であることを確認できる書類があれば申し込むことができますが、50万円を超える借入や他社と合わせて借入の合計が100万円を超える場合は、収入を証明できる書類が必要となります。

それから、クレジットカードを利用する場合もやはり総量規制については考えておかなくてはいけません。

つい便利なことで使いすぎて、総量規制以上の利用にならないよう気をつけましょう。

クレジットカードの利用はショッピング目的で利用されている方も多いですが、そのほかにもキャッシング機能も利用することができます。

クレジットカードのキャッシング機能は急いでお金を必要としているときにはとても便利な機能となっており新たに申し込み手続きをすることもなく提携の銀行やコンビニATMからすぐにお金を引き出すことができます。

あらかじめ決めた枠内の利用ですが、土日でも利用でき、とても便利なものです。

そして、便利なクレジットカードのキャッシング機能も総量規制の対象となっていますので、使いすぎには注意しましょう。

それから、クレジットカードのショッピング枠?は総量規制の対象となるのかどうか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ショッピング枠の場合は総量規制の対象とはなっていません。それゆえに複数枚のカードを持っており、その利用の合計金額が年収1/3を超えても総量規制の対象とはならず、その支払にも影響は出ません。

総量規制を超える借入となった場合は、ショッピングの場合は、問題なく利用することができますが、クレジットカードもキャッシング機能のみ使えなくなる場合がありますので、現在いくらの借入になっているかはよく把握しておきましょう。