生活保護費受給者でも落とし穴にはまらずにキャッシング出来る?

生活保護費受給者ですがキャッシング出来るの?落とし穴にはまる事なくキャッシングする方法を教えて。

キャッシング出来ると言うのがすでに落とし穴ですよ

生活保護と言うのは最低の生活基準に達しない場合の生活費を国が負担すると言うものです。当然ですが負担するにあたっては様々な規制があります。生活保護受給者がしてはいけない事の中に借金と借金への返済と言う項目があります。借金は収入とみなされ、返済は資産の形成とみなされます。これらがあった場合即刻保護停止となります。

生活保護を受けていても急な出費の為にお金が必要になる事もあるでしょう。そういう人を狙って誰にでも貸しますと言う、甘い言葉で誘って来る消費者金融会社があるとすればそれは間違いなくヤミ金融です。申込みしてしまったら大変な事になってしまいます。法外な利息を取られ、詐欺まがいの罠に陥る事もあります。その上生活保護費の支給停止にでもなれば本当に踏んだり蹴ったりですね。
(⇒闇近業者は身近に潜んでいます

自分は今生活保護を受けているのだと言う事をしっかりと自覚しなくてはいけません。国からの支援を受けていると言う事は国民の税金からその保護費をいただいていると言う事です。自分勝手な行動は慎んで下さい。気を緩めるととんでもない落とし穴にはまってしまいます。生活保護受給するにはそれ相応の理由があるはずです。いい加減な気持ちで安易な方向へ逃げるのではなく、出来るだけ自分の力で生活できるようにここから頑張ってほしいと思うのです。

生活保護費の需給とキャッシング利用の落とし穴

近年、生活保護費の不正受給が社会問題となり、生活保護の申請が難しいという状況が出てきています。実際に行政の担当窓口で、生活保護費の申請を受けてもらえないケースもあると言われています。

日本には、厳然たる福祉制度が存在し、また、憲法にも人権を保護することが明記されています。人間らしい生活を送るための最低限の生活費を賄えない事情がある場合は、生活保護の申請をすることは正しいことであり、行政はそれを受け付ける義務があります。

ただ、一部の不正受給者がいることは事実であり、そのために、生活保護費が真に必要な方達に受給されないことは正しいことではありません。

また、生活保護費を受給している方は、その使用目的にも様々な制約があります。例えば、孫に誕生日やクリスマスのささやかな贈り物をすることさえ、許されていません。また、保護費だけでは、生活費が苦しいケースもあり、どうしてもお金が必要になる時もあるでしょう。そのような時に、安易にキャッシングの利用をすることは、おすすめ出来ません。

カードローンやキャッシングは、一般消費生活者にとって、資金調達の手段として急速に浸透してきた金融商品です。ご利用には審査がありますが、年齢制限と安定した収入があることが基本条件となっています。そのため、生活保護を受けているような場合には、審査に通ることはないはずですが、インターネット上に溢れるキャッシング関連の情報の中には、生活保護受給者や無職の方でも借りられる金融機関などの情報が流れています。
(⇒無職で借り入れる事ができるのは本当?

生活費に困窮し、このような情報を鵜呑みにすることは、背後に隠れる落とし穴に落ちるリスクがあることを覚えておいてください。

仮に審査に通り、キャッシングが利用できたとしても、その後の返済は可能でしょうか。そして、本来であればキャッシングの対象とならない生活保護受給者に資金を融資する金融機関とはどのような金融機関なのか。これらのことを考えると、大きな落とし穴の存在を想像出来ると思われます。(参考ページはこちら→融資審査に通った後返済できないなら意味無し?

また、生活保護費は、どのようなローンの返済にも充当することは禁じられており、発覚すれば、保護停止になる可能性もあります。

事情があり、どうしてもお金が必要な時には、行政の窓口に相談することをおすすめします。

【参考ページ】
今は融資を受けるべき立場かどうかを考えてみよう