カードでキャッシングのデメリットにはどういった事がありますか

カードでキャッシングする事はとても便利だと思います。借り過ぎるといけませんがキャッシングで他にデメリットがあれば教えて下さい。

キャッシングのデメリットはキャッシングに慣れ過ぎてしまう事

キャッシングはいざと言う時の強い味方、カードが1枚あると安心ですよね。以前のような高金利での貸付もなくなり今ではキャッシングカードを持っていない人の方が少ないくらいです。それでもやはりキャッシングにはデメリットもありますよ。
(⇒現代の金利上限について

デメリットの一番大きなものはキャッシングに慣れてしまう事です。借金の体質になってしまう。自分のお金と借りたお金の区別がつかなくなってしまう事なのです。初めてキャッシングをした時には少し後ろめたいような、不安な気持ちと少しだけ、すぐに返そう。そんな思いが胸をよぎった事でしょう。

それが回を重ねる度に何とも思わなくなって、自分の預金を下ろすようにATMへ向かってしまう。限度額一杯借りてしまって、返済してはまた借りる。そういう事の繰り返しになってしまうのがキャッシンおグに慣れ過ぎて借金体質になってしまうと言う事です。もう一社、もう一社と借入れを増やしてしまい、どうする事も出来なくなる人がいるのも事実です。多重債務を防ぐために総量規制が施行されましたが、それでもまだこういう多重債務に苦しむ人が多くいます。(参考ページはこちら→何故融資では多重債務者になるの?

借入れ時には充分に計画をたて、無理のない借入れを心がけるようにして下さい。返済も月々の返済だけでなく、追加での返済も出来るので余裕のある時には少し多めの返済で出来るだけ早い完済を目指すようにしましょう。とにかく借金は借金、どれだけ便利にATMで出金出来ても決して自分のお金だと錯覚しないでくださいね。

カードローンキャッシングのデメリットについて

現代社会はかつてに比べてお金を借りるということが容易になってきています。その代表的な一例をあげるとすれば、各種金融機関がh層品化しているカードローンという金融商品があります。(参考ページはこちら→カードローンはどんな金融業者が扱っている?

このカードローンというのは専用のローンカードを使用して身近なATMから現金を引き出すことができるというサービスです。預金と違って借金ですので全く手持ちが無くても引き出すことが出来ますし、返済も毎月少額で数カ月にわたって支払いをするなど負担を抑えた商品設計がなされています。そのためお金のやりくりに困っている人にとっては極めて魅力的な商品であると言えるのです。

この様なサービスはキャッシングと言います。先述したとおり借金をする事と同義なのですが、この様なサービスの契約というのは非常に簡単に行うことが出来ます。まずはインターネットだけで契約を完了し、なおかつ即日融資を受けることの出来るという仕組みまで存在しているのです。これは極めて便利な仕組みでありプライバシーが保護されるという側面があるので利用がしやすくなりました。それに加えて連帯保証人を自ら立てる必要が無いという従来は無かったメリットが付いたため、契約のしやすさは飛躍的に増したのです。

しかしながらそんなカードローンキャッシングにもデメリットというものは存在します。まず最もわかりやすいデメリットというのは金利です。これは高額の借り入れを行うと安くなる仕組みがあるところが殆どですが、100万円以下の借入の場合には年率10%以上の利息が当たり前になっているというデメリットがあるのです。(参考ページはこちら→キャッシング金利の豆知識

そして基本契約では定額返済か定率返済という少しずつ返済するリボ払いの様な仕組みが基本となっています。そのため返済が楽である半面、高い金利でお金を借り続けてしまう状態に陥りやすいという問題を孕んでいます。この状態に落ち込まないように自分で注意する必要があるのです。この点がデメリットと言えるかもしれません。

【参考ページ】
融資にはメリットデメリットがあるのが当たり前?