無職でも借りられるキャッシングがあればその方法論を教えて

現在無職なんですが無職の時こそお金が必要になるんですよね。無職でもキャッシング出来る方法、方法論を教えて。

無職でお金が必要なのはわかりますがキャッシングは無理ですよ

無職になるととたんにお金に行き詰ってしまい急な出費などがあると大変ですよね。それは良くわかりますが、キャッシングには審査があります。どのカードローン会社も申込みの条件に安定した収入がある人と挙げています。無職では安定した収入は望めませんよね。審査事前に否決となります。ではどうすればいいのと思われるでしょうが、仕事をする以外に方法はありません。(参考ページはこちら→どんな仕事でも収入があれば融資は期待できる

方法論などと言っても無職でキャッシングを出来る方法などはないのです。出来る事はどんな仕事でも良いのでとにかく就職する事です。アルバイトでもパートでも仕事をして収入を得る努力をする事です。方法論とすれば法人手続きをして個人事業主になるとか、とりあえず派遣登録をして勤務先にするとかあるでしょう。でもそれは間違った方法論です。

アルバイトでもパートでもきちんと勤務する事で収入も得られるし、1年以上務める事で安定した収入を得る事が出来ると言う信用にもなるのです。もちろん正社員での勤務なら尚更です。アルバイト、パートでも融資額は少なくてもキャッシングは充分可能なんですよ。いろんな手を使って審査に通っても収入がないのにすぐに返済の目処も立たなくなってしまいます。そんな事をするよりもきちんと仕事をして収入を得、信用実績を築いてからキャッシングカードに申込むようにしましょう。
(⇒融資審査に通るなら準備や知識も大事

無職でキャッシングを行う方法論はどんなものがあるか

通常は無職ではキャッシングの申し込みを行うのは難しいです。それは収入源のない人に金融機関もお金を貸すことは難しいと考えているからです。しかし現実には働いていなくてもお金を借りる方法はあります。どのような方法論を用いればいいか考えてみます。

まずは主婦である場合です。この場合は旦那さんがポイントになってきます。配偶者の収入証明があれば主婦であってもお金は貸してもらえるところはあります。配偶者に知られてしまうというマイナスな点はありますが、これであればお金を借りることは可能です。
(⇒パート主婦ならさらに簡単に借り入れ可能です

あとは正社員では働いていないがアルバイトをしている場合です。アルバイトは収入としては不安定な部分もありますが、金融機関によってはアルバイトでも貸してくれるところもあります。貸してくれる金額はそんなに高くないかもしれませんがとりあえず貸してもらうことは可能です。

あとはネット上でお店を展開している場合は、自営業として申し込むことが出来るのでこの場合もキャッシングを行うことは可能です。あとは審査を待つだけですので、基本的に絶対ダメということはありません。必ずしも働いていなくても収入源があれば審査を通る可能性はあるのです。

他の方法論としては派遣に登録する方法があります。これは実際に働いていなくても派遣の登録先の会社で働いているようにみせる方法です。キャッシングを行う場合は在籍確認がある場合がありますが、派遣会社を申し込みの時に記入すればそこで働いていることになります。

あとは審査が通るか待っているしかありません。もし審査に通らなかった場合は、何か問題点がなかったか確認する必要があります。注意する点は審査に通るか心配だったので、複数の業者に申し込んだりしていないかということです。同時に複数の業者に申し込んでしまうと、審査を通る確率はほとんどなくなります。審査に通りやすい会社をきちんと選んで、一社だけに申し込むことが大事です。