無職でも審査が通るキャッシングがありますかあれば教えて下さい

無職でもキャッシング出来ますか。無職でも審査の通る所があると聞きました。ほんとうにあるのでしょうか。

キャッシングの審査はそんなに甘くないですよ

ご存知のようにどのカードローン会社も申込み条件に安定した収入を得られる人を挙げています。その段階でまず無職では申込み不可となります。融資を行う会社は銀行、消費者金融、信販系に限らず融資したお金は必ず回収できる事を目的としています。当然ですよね、無職と言う事は毎月の収入が見込めないと言う事です。これではどの金融会社も融資は出来ないと否決も当たり前です。

無職の場合、キャッシングは出来ないと思って下さい。キャッシングなどと考えるよりアルバイトでもパートでもとにかく仕事に就く事を考えるべきです。収入がさほどなくても安定した収入が見込まれればキャッシングも出来るようになります。アルバイトやパートの人に対して柔軟な銀行のカードローンもあります。安易に甘い言葉に惑わされる事だけは避けなくてはいけません。(参考ページはこちら→甘い融資審査を受けるなら注意する事

審査なし、誰にでも貸しますなど甘言で誘って来るのは正規の登録を行っている消費者金融会社などではありません。うっかり申し込んだ為にとんでもない目に合う人もいます。充分に注意が必要です。ただ、無職であっても専業主婦(主夫)で配偶者に定収入がある場合は銀行のカードローンでの申込みが可能です。消費者金融や信販系は総量規制があり収入の3分の1以下の借入と決められている為に収入のない専業主婦が申込めるのは銀行のカードローンに限られます。

無職でも審査通るキャッシングは存在するか

ここでいう無職とはアルバイトやパート等もやっていない方のことを指しますが、ごく稀な例外を除けば無職の場合キャッシングの審査を通過するのは絶望的です。キャッシングを行っている金融業者では何よりも安定した収入があるか否かが重要視されますが、無職の場合、安定した収入があるとは到底いえませんので、審査に落ちる確率が圧倒的に高くなります。また、2010年に完全施行された貸金業法とよばれ貸金業者に関する法令では前年度の年収の3/1以上を融資できないという決まりがあります。(参考ページはこちら→融資審査ではもちろん年収も大事
(⇒無職が借りられないのは至極当たり前?

これは消費者金融のみに適応される法令であり、銀行は理論上年収の3/1以上であっても融資を受けることが可能ですが、消費者金融と比べて銀行は審査が難しい傾向があり、現実的にみると無職が審査に通るとは考えられません。無論銀行は審査が難しい、融資までの期間が長いというデメリット以外に金利が低いという相応のメリットが存在します。つまり消費者金融の場合は如何に審査が緩いところであったとしても年収の3/1以上の額を融資してもらうことは不可能です。

違法と分かっているのに年収の3/1を借り入れたとすると借り入れを行った本人ではなく、消費者金融側が法律によって罰せられます。そのため、消費者金融側としても年収がない人に対して借り入れを行わないように必死です。理論上では無職でも審査通るキャッシングは存在するといえますが、現実的に見ると相当難しいです。ごく稀に年収がない人に対しても借り入れを行う消費者金融を装う業者は存在しますが、ヤミ金などの悪徳業者である可能性が非常に高いため利用してはいけません。

肩書きは無職であっても収入を得ている場合があります。具体的にはネット上でオークションサイトやアフィリエイトを使って収入を得ているような方です。この場合は自営業として申請することも可能であり、審査が厳しい銀行や大手の消費者金融は厳しいですが、中堅どころの消費者金融であれば審査に問題なく通るところも多々あります。