キャッシングするならやっぱり銀行カードローンが良いでしょうか

キャッシングカードはいろいろありますが、やっぱり一番良いのは銀行のカードですか?銀行のカード特にここが良いと言う所はどこですか。(参考ページはこちら→銀行からの融資が人気の理由

銀行のカードの一番のメリットは低金利と安心です

銀行のキャッシングカードは何と言っても低金利が魅力ですね。消費者金融会社や信販系の会社も利息制限法を受けて利息は制限内になっているので以前のような高金利の所はなくなりましたが、やはり銀行の低金利には及びません。銀行で借入れをする事のメリットは他に銀行と言うネームバリューにあります。それは銀行と言う大きな名前の元にある安心感なんですよね。

消費者金融会社も銀行の傘下に入ったり、グループとして提携したり、やはり銀行名を掲げる事でイメージアップをはかっています。それもやはり銀行ならではのネームバリューがるからですよね。銀行は個人ローンでは大口の住宅ローンやマイカーローンなどでは実績がありましたが、小口のローンに関してはあまり実績もなく、消費者金融会社のようなノウハウも持っていませんでした、その為審査などの迅速さに欠けたり、顧客獲得にもあまり積極性が見られませんでした。
(⇒今は融資審査の在り方も変わっている?

最近では消費者金融のノウハウを取り入れ、銀行のカードローンの内容も充実してきました。総量規制施行にともない、消費者金融で貸し付けを受けていた人達が総量規制対象外の銀行のカードローンで一口に纏める一括借り換えを希望する事も多く、総量規制対象外と言うのもメリットの大きな一つですね。初めてのカードローン、キャッシングならやはり銀行が安心なのではないでしょうか。

【参考ページ】
銀行以外の人気金融業者ももちろんあります

キャッシングするなら銀行カードがお勧めです

キャッシングを利用して融資を受けるにしても、利息は必ず付いてきますから、できるならば金利の低いところから借りた方がお得です。そこで、キャッシングするなら銀行カードを利用するのがお勧めです。

銀行カードでキャッシングをすると、消費者金融会社などの他の金融機関と比べて金利を低く借りることができます。その金利は、銀行によって異なりますが、4%から14%程度です。消費者金融でも同程度の金利でキャッシングできるところもありますが、上限金利の方は銀行より高く、18%程度のところが殆どです。(参考ページ→上限金利の数値についてはこちら

初めてキャッシングを利用する場合には、その金融機関で設定されている上限金利が適用されることが多いのです。そのため、消費者金融で初めてキャッシングをすると、18%の金利がかかることになってしまいます。一方、銀行の場合は14%程度となります。この4%の違いは大きいものがあります。

例えば10万円をキャッシングで1年間借りた場合、18%と14%の金利では、利息は単純計算で4千円の差が出てきます。実際は元本を1年間返済しないということはあまりないので、その差額はもっと小さくなりますが、それでも利息はできるだけ少なく抑えたいものです。

また、金利だけではなくて、融資限度額の面でも銀行カードの方が有利です。消費者金融でキャッシングをした場合、総量規制という規制のために、年収の三分の一以上の金額の借金をすることはできません。けれども、銀行はこの総量規制の対象外ですので、まとまった額のキャッシングをする際に便利ですし、条件が整えば、年収の三分の一以上の金額に増額することも可能です。

銀行でキャッシングをするのは、最初の審査が厳しいという説も以前はありました。けれども、現在では大手の消費者金融会社の殆どは、現在ではメガバンクの傘下に入っており、銀行でキャッシングを申し込んでも、その審査は傘下の消費者金融会社が行うことが多いので、審査が特段厳しいことはありません。