全国でどれくらいの人がATMキャッシングしてるのですか

キャッシング人口は増加しているのでしょうか、全国でどれくらいの人がATMでキャッシングしているのか教えてください。(参考ページはこちら→ATMから便利に使えるカードローン

今やキャッシング人口1200万人!全人口の10人に1人です

ひと頃の低迷はありましたが、ここの所キャッシング人口は増加し、今や約1200万人と言われています。何と全国の人口の10人に1人がキャッシングをしていると言う事になります。何故このようにキャッシングをする人が増えてきたのでしょうか。その原因の一つには国全体の不況が挙げられます。諸物価は上がるのに給料は上がらない、急な出費があればキャッシングに頼らざるをえない、確かに生活が苦しいからキャッシングをすると言う人も大勢います。

それとは別に生活に今以上の潤いを求める為にキャッシングをする人も増えています。カードを上手に使えば得になる事を知っている人が多くなっていると言う事です。銀行やコンビニのATMで24時間365日現金を引き出せて、しかも手数料無料の場合が多いキャッシングカードは急な出費時スマートにお金を引き出し、必要な日数だけ借りて速やかに一括返済する。そういうカードの使い方をする人が増えているのです。

利息制限法により上限利息が制限された今は給料日までの数日間キャッシングして、給料日に一括返済すれば金利はその数日間のみ、わずかな金額で済みます。タイムリーに生活を楽しむために借入れし、お金が入ったら返済。キャッシングを上手に生活に組み込んでゆとりあるカードライフを送っている人の数も増えています。これがキャッシング人口の増えている理由ではないでしょうか。

とは言ってもやはりキャッシングは借金である事に違いはありません。簡単に便利に使える分、使い過ぎには充分な注意が必要です。計画的な借入れと無理のない返済で充実したカードライフを楽しんで下さいね。

どれくらいの人がキャッシングを利用しているか

最近では不況の影響もあり、キャッシングの人口は年々増えてきています。どれくらいの人が利用しているかというと現在日本国内で実に1200万人もの人が利用しています。単純に現在日本に住んでいる人との人口比率を考えてみると10人に1人はキャッシングを利用していることになります。さらに、これらかもキャッシングを利用する人口は増え続けていくものだと予想されています。さらに従来サラリーマンが利用することによりサラリーマン金融を略してサラ金と呼ばれた消費者金融ですが、最近では主婦や学生の利用者が爆発的に増えてきており、特に女性の利用者は男性と比較してかなり増えています。

このため最近ではレディースローンと呼ばれる女性専用のローンサービスも普及しています。レディースローンでは基本的な手続きは通常の借り入れと変わらないものの、担当者が女性であることが大きな特徴です。借り入れの申し込みでは仕事や家族構成、はたまた何故借り入れが必要になったかの理由等、プライバシーに密接に関わることであっても事細かに聞かれますが、女性が担当者であれば同性として安心して申告することができます。
(⇒融資審査は安心して受けられます

キャッシングというと多くの人がマイナスイメージを持ちますが、最近では小口の融資が人気を博しており、まるで友達にお金を借りて次の給料日に返すような借り入れが多くなってきています。キャッシングの利用割合では金額を考えた場合では30代や40代の世代が最も高くなりますが、借り入れ数が最も多いのは20代の方でやはり小口の融資が多いようです。金融業者も20代の若者の獲得に躍起になっており、1ヶ月以内に返済すれば利息が無償等のサービスを行っているところもあります。

なぜこれほどまでに利益がなく、人件費だけかかるようなサービスを展開しているのかというと新規獲得したユーザーはまた、同じ金融機関で借り入れを行うことが非常に多いからです。2回目以降の借り入れの場合は本人確認等、手続きも非常に簡単になることから同じ貸金業者に借り入れを申請する人が多いです。
(⇒長く使える金融業者を選ぼう