キャッシングの審査って女性だと不利ですか?

事務職に就いている20代・女性です。

今、友達と旅行の計画を立てようかという話になっていて。せっかくだから、長期プランにしようということになりました。楽しみではあるのですが、長期ともなると、それなりに旅行先での出費が気になります。旅行に向けて貯蓄はするつもりなのですが、もしも不足しそうと思ったら、低額でキャッシングすることも考えたほうがいいのかな?とか思ってて。

でも女性だと、キャッシング申込には不利になっちゃうんでしょうか?

そんなことないですよ。気になるなら女性専用の借入もありますよ

社会的にまだまだ女性は不利な立場になることがあるせいか、キャッシングの申込でも、こんなふうに「女性は不利なのかな?」と気にしている人は結構います。

しかし、基本的に“安定した収入のある人”となっているわけですから、収入と職業に応じた借入は男女関係なく行われます。極端な話をしちゃうと、男性で安定した職業で役職にも就いている人でも、すでに借金があったり、返済事故を起こしていると借入は出来ません。女性でも給与は人並みで返済事故や他での借入がなければ、それに見合った借入が出来ます。(参考ページはこちら→普通にしていれば融資審査は通る?

お金の貸し借りの問題ですから、社会的優位さではなく信用できて、返済能力もきちんとある人なのかどうかが大切なのです。個人的にみても、社会的立場だけよくったって、お金を貸して返って来ないような人には、絶対にお金なんて貸したくないのが人間ってものでしょ?

お金の貸し借りを仕事にしている会社なら、なおさらそう思うものなんです。信用性と返済能力さえ認められれば、性別なんて関係ないんです。

それでもやっぱり気になるという人は、銀行や大手消費者金融の一部で用意されている女性向けプランや中堅消費者金融の中で、女性や学生のみを対象として融資している会社があるので、そういったところを利用するのもオススメですよ。(参考ページはこちら→ユニークな金融業者をチョイスしてみよう

女性でもキャッシングの審査に不利ということはありません

キャッシングを契約しておくと、とても便利です。普段の生活費は会社の給与やバイト代でなんとかやりくりできても、普段とは違う出費が急にやってくると、とても対処できないことがあります。そのようなときに備えてキャッシングの契約をする人たちが、とても増えているのです。

キャッシングとは、カード一枚さえあれば、コンビニや銀行のATMからいつでも、何度でもお金を引き出すことのできる金融商品のことです。会社帰りに、急に同僚から食事に誘われても、近くのコンビニから食事代を引き出すことができます。(参考ページはこちら→様々なATMから融資が受けられます

まるで銀行のキャッシュカードに似たシステムですが、しかし、これはあくまでも借金であることを忘れてはいけません。借金である以上は、金利を付けて返済しなければなりません。返済できるだけの信用力がない人に、消費者金融や銀行は契約してくれないのです。

よく、女性は男性よりもキャッシングの審査に落ちやすいという噂を聞きます。これは、全く根拠のない話です。女性であろうと男性であろうと、金融機関は返済能力のある人と契約をします。返済能力のない人とは、男性女性を問わず契約しません。

金融機関が審査で最も重視しているのは、その人の安定収入です。収入の額よりも、収入の安定性です。年収が低くても、安定的に入っているならば、その背丈に応じた上限額で契約をしてくれます。逆に、年収が高くても安定性がなければ、この先もどれくらいの年収が入ってくるか予想ができません。よって、金融機関は契約に躊躇します。

そのため、アルバイト学生やパート主婦であっても、その収入が安定的であれば、返済にムリの生じない範囲の限度額で契約が可能です。もちろん、契約社員や派遣社員でも、収入が安定的であれば契約が可能です。

ただし、過去に大きな金融事故がない人に限ります。自己破産などの債務整理の履歴が情報として残っている人については、少なくとも大手の消費者金融では契約ができない可能性もあります。