年収によるキャッシング金額ってやっぱりありますか?

あっちこっちで消費者金融会社の広告をみていたら、融資限度枠とか、年利とかのことがいろいろ表示されているじゃないですか?

この借入できる金額とか年利の設定ってやっぱり、給料っていうか年収っていうか、そういうのって影響するもんなんでしょうか?(参考ページはこちら→融資における年収の重要性

その人の年収はもちろん、職業なども関係してきますよ

消費者金融会社は仕事としてお金を貸しているわけですから、それなりにメリット・デメリットを踏まえて融資をするわけです。そのための審査でもありますからね。(⇒金融業者はどんな審査をしているの?

安定した収入のベースとなるのが、年収と職業です。これは借入できる限度限度額と年利の設定に大きく影響します。

一般的に安定していると考えられている職業の人たちは、借入の時にも優遇されます。例えば、公務員や会社員の人たちがそうです。長く勤めていたり、役職付だったりすると、なお優遇対象となりますね。(参考ページはこちら→仕事次第では融資もあっさり受けられる?

反対に不利となるのは個人経営者や自営業者の人たち。どうしても収入が安定しているとはいいにくく、波があるため返済に影響が出る可能性があるからと判断されがちだからです。

しかしこれらはあくまで、基本的な基準。もしも優遇職とされる人たちでも、他社での借入があったり、返済トラブルの記録があったり、ギャンブル好きで借金を繰り返していたりすると、低額でしか借入できなかったり、融資そのものを受けることができなかったりします。

個人経営者や自営業者だって、年収が大きく、ある一定額の収入が毎月あるという場合には、優遇職の人たち同様に対応してもらえることもあります。

年収や職業は審査に大きな影響はあるけれども、その人の現在の状況もまた、審査の際には影響を及ぼすので、借入をしたい人は、どんな職業の人も常に身辺の金銭状況はきちんと整理して、把握しておきましょう。

個々の年収によるキャッシング金額の基準についてのポイント

貸金に関連する法律が施行され、融資に関する新たなルールが適用されるようになりました。この新たに施行された規制では、年収の三分の一以上を超える借入はできないように定められています。しかしながら、この規制には幾つかの例外的な処置もあり、キャッシングを利用する際には、年収によるキャッシング金額を把握しておく事が重要になるのです。

具体的には、金融機関で自動車ローンを組んで、既に年収の一定の割合に達しているケースや、クレジットカードのショッピングの利用額、住宅ローンでの融資など、この規制には様々な例外的な条件が適用される事になるのです。キャッシングでお金を借りる場合は、借入できる上限の金額を把握しておく為にも、借入の規制の対象になるものを知っておく必要があります。

例えば、銀行で融資を受けた住宅ローンは、この規制には含まれません。そのため、キャッシングで融資を受ける事は可能で、自動車ローンなども規制から除外されています。(参考ページはこちら→規制が気になるなら銀行から借り入れしてみよう

このキャッシングの際に適用される規制は、例外的なものも多くあり、年収の三分の一の金額に含まれるものや、含まれないものが予め細かく規定されています。しかし、借入では例外的な処置が適用される場合でも、返済能力が確認できればという条件がつく事が多く、この基準を満たす事が出来ることで貸付が可能になるのです。
(⇒融資額に関する主な規制

この規制は貸金業者以外からの融資は規制の対象にはなりません。そのため、銀行などの金融機関は規制が適用されませんが、消費者金融や信販系のクレジットカード会社などからの融資は規制の対象となります。銀行や信用金庫などは、この貸金業者に含まれませんので、これらの場所からの融資は規制を超えた金額が借り入れ出来るようになっているのです。

そのため、住宅融資やリフォームローンなどで、銀行から一定の金額を借りていたとしても、この規制の対象とはならず、キャッシングの利用が出来るようになっているのです。