キャッシング会社の人気ランキングには根拠があるのでしょうか

ネットなどでキャッシング会社の人気ランキングなどがあるようです。詳しく見ようと思っても、人気の根拠がよくわかりません。本当に人気のランキングなのか。それとも単なる広告なのか、区別がつかないのです。根拠があれば知りたいです。

どういう点を評価しているかチェックしその視点を参考に

ランキングというものは、どうしても見てしまうものですね。たしかにネットではキャッシングのランキングがかなりの数、見受けられます。しかも、それぞれに順位が違います。

そもそも、ランキングに参加しているキャッシングの会社がバラバラです。銀行系、消費者金融系が入り交じり、消費者金融系が上位のところもあれば、銀行系が上位のところもあります。あるところで1位のところが、別のところではランキングに入っていないこともあります。

これは、当然、広告という側面があることは否めません。そのリンクをクリックすると報酬が得られるアフィリエイトとして収益を得ているなど、いろいろな事情がありそうです。

ですが、だからといって「根拠ないじゃん、信用できないし」と否定してしまうのもどうかな、と思います。こうしたページをネットで運営するのにも費用はかかりますし、ある程度のビジネスになれば、さらに情報を充実させていく可能性もあります。そして結果的に私たちに有益な情報が得られるページになるかもしれません。

ご承知のようにネット上の競争はきわめて厳しく、短期間にめまぐるしく変化していくものです。いつまでも同じような情報を提供しているだけでは、忘れられてしまうでしょう。一方、みなさんの声に応えるように、よりよい情報を提供してくれるところは、生き残っていけるのではないでしょうか?

つまり、ネットの情報についてはキャッシングに限りませんが、利用する側が上手に活用することが前提になります。「こんなのランキングじゃない」とか「おかしい」と言うのもかまいませんが、その根拠をまた誰かに求めるよりも、ご自身で判断していった方がスピーディーで、確実です。鵜呑みにしないだけではなく、もっと突っ込んでランキングを見てみてはいかがでしょうか。

たとえば、私がチェックした範囲ですが、あるランキングは「融資までの最短期間」を重視していました。実際、各社のホームページを見ると、どこも「当社が最短」と言っているように見えますが、実際にはどうなのか。どの点で最短と言えるのか。そうしたことを上位の会社から見ていけばいいのではないかと思います。

また、口コミでランキングしているところもあります。口コミで入っているコメントを見て納得できるかどうか。それは利用する側が判断していくことだと思います。星の数もそうですね。根拠がよくわからないものは、そういうものだと思って参考程度にしておけばいいのです。
(⇒融資選びに口コミを活かすコツ

審査時間、金利など、比較すべきところはいろいろあります。規模別、店舗数別といったランキングは簡単ですけど、むしろ使い勝手はよくわからなくなってしまいます。ネットのランキングは、利用する者に「こういう視点もあるのか」と気づかせてくれます。ご自身の考えに合ったところを探しやすくしてくれるのではないかと思います。

老若男女から大人気。キャッシングの利便性について

昨今のキャッシングの人気は、留まるところを知りません。テレビCMでも、有名な俳優が起用されて大々的に宣伝されています。

キャッシングとは、まるで銀行のキャッシュカードのような利便性を持った借金のことです。カード一枚あれば、銀行やコンビニのATMから、いつでも、何度でも、限度額の範囲内までならお金を引き出すことができるのです。いつでも、何度でも、預金な範囲内までならお金を引き出せる銀行のキャッシュカードと、とても似ていますよね。

ただし、大きな違いは、それが借金であるという事。借金である以上は、信用力に関する審査が必要となります。この審査に合格して初めて、キャッシングの契約ができるのです。

審査には、仮審査と本審査というものがあります。仮審査とは、その人の属性を形式的に確認して、合格か不合格かを決めるものです。属性とは、勤務先や年収、他社からの借り入れ状況、家族構成などです。これら情報は、すべて自己申告になります。

仮審査を通過すると、今度は本審査です。ここでは、本人が近い過去に債務整理などを行った履歴がないかをチェックされます。この情報が残っていると、ブラックと呼ばれて、契約が非常に難しくなります。また、クレジットの悪質な未払いがないかどうかもチェックされます。これら信用審査を通過すると、最後に在籍確認と言う作業が行われて終了です。在籍確認というのは、その人が申告した職場で、本当にその人が働いているかを確認するものです。通常は金融機関の担当者が直接勤務先に電話をしてきます。
(⇒ブラックでは完全に融資は不可能に?

以上を持って、キャッシングは契約に至ります。審査のポイントは、過去の金融事故、および現在の安定収入の二点です。金融事故がないと言う人ならば、会社員はもちろん、アルバイトでもパートでも、派遣社員でも契約社員でも、通常は審査に合格します。(参考ページはこちら→派遣社員でも意外と簡単に借り入れ可能です

いざというときにお金がないとなると、とても困ります。大人の世界には、お金がないと言うわけにはいかない場面もあります。まずは保険のような意味合いで、契約だけしておいたほうが良いでしょう。