無職でも利用できるキャッシングってあるんでしょうか?

現在、失業中の20代後半の男です。このままではいけないとわかっているのですが、リストラにあってしまって、特に推せるような資格も無く…自信を失くしてしまい、ついつい就職活動もサボりがちで。

それでも最近は、再就職のために資格取得したいと思い始めてきたので、職業訓練校にでも申込をしてみようと思います。ただ、希望するコースがまだ少し先が長く…全額免除の対象でなければ、学費も発生しますから、申込開始までの間にバイトでも探して、少しずつでもお金を貯めてみようと思ってます。ただ、少し借入できれば、いろいろ動きやすいと思っていて。無職でも利用できるキャッシングがあれば、教えてもらえませんか?

無職の人を対象にした融資を行っている消費者金融、ありますよ

流石に大手消費者金融では無理ですが、中小消費者金融になら、無職者を対象にした融資も行っている会社はありますよ。会社によって条件は若干異なりますが、基本的に多くても30万円くらいまでの低額融資で、両親や配偶者など、家族の同意が必要なことが多いです。

特に社会復帰を目指していて、実際に行動している人の場合だと借入できる可能性が、何もしていない人よりも高いです。返済計画の立て方なども相談に乗ってくれますし、これから働く先が既に決まっている場合なども、どのように返済していくかを話し合ってくれるので、借入の時にはどんどん相談するのがいいでしょう。
(⇒融資の返済計画は早めに立てよう

ただ、中にはこのような人の立場を足元に見て、上手い言葉で巧みに誘導して有り得ない内容で契約させる、悪徳業者もいます。特に、審査なしだとか低金利融資だとか、30万円以上でも融資可能と行っている場合には、かなり危険です。関わらないのが一番ですよ。

インターネットの口コミや書き込みのチェックなどをして、少しでも怖いなと思うところであれば、利用しないように気をつけて下さい。

無職であってもキャッシングを利用することが可能か

無職とはアルバイトやパートなどもやっていない人のことを指しますが、多くの場合無職であってはキャッシングの利用は絶望的だといえます。個人がキャッシングを利用する場合には一般的に消費者金融か銀行が選択されますが、いずれにせよ審査では安定した収入を得ているかどうかが最も入念にチェックされます。このため、安定した収入を得ているとは言いがたい無職の方が審査に通ることは一部例外を除いてほぼありえません。
(⇒融資審査で大事な事を再確認

また、消費者金融の場合2010年に完全施行された貸金業法に総量規制という項目があり、これによって前年度の年収3/1以上の額を融資することが禁じられています。このため年収が一切ない場合に消費者金融から借り入れを行うことは違法であり、しかも借り入れを行った本人ではなく、消費者金融側が主に法律によって罰せられます。このため消費者金融では申込者に借入額の3倍以上の年収があるかどうかは非常に厳格にチェックされます。(参考ページはこちら→消費者金融から借りるなら特に年収は大切です

この貸金業法は貸金業者、つまり消費者金融のみに適応される法律であり、銀行には適応されないものの、銀行の場合消費者金融よりも審査が厳しいため、元々無職では審査に通ることは不可能です。審査が厳しく、融資まで時間がかかる代わりに銀行は金利が低いため、大口の融資で、融資まで急いでいない場合には銀行がお勧めです。たまに街金とよばれる町の中に点在する小規模な消費者金融の場合は年収の3/1以上であっても借り入れを行う業者がありますが、多くの場合ヤミ金とよばれる非合法な悪徳業者なので決して利用してはいけません。

このように安定した収入が存在しない無職の場合借り入れを行うことはほぼできませんが、例外はもちろんあります。例えば自営業などの場合肩書きがなくとも収入を得ている場合などがありますが、その際に収入を証明できる場合には問題なく融資を受けられるところも多く存在します。偽造した給与明細などを発行する業者などもありますが、違法行為なので利用してはいけません。