キャッシングの申込では必ず勤務先を教えないといけない?

キャッシングの申込をしようと思って申込画面を開いたら、職業記入欄とか勤務先に関する記入欄とかがあって。キャッシングの申込は必ず勤務先をしらせなくてはいけないの?うっかりして遅延でもしたら、勤務先に取り立てにくるとか、そういったことなの?
(⇒キャッシングでは勤め先情報が欠かせないもの

在籍確認に必要なんです。直接勤務先に訪問はありませんよ

消費者金融に対しての警戒心というのは、まだまだ残っているので、このような疑問を持っても仕方ありません。ただ、今は法改正もあって賃金業者に対する法規制が細かく決められているので、違反した場合には処罰の対象となります。その中には、勤務先への直接の訪問は禁止とする内容も含まれています。

では何故、勤務先を消費者金融会社に伝える必要があるのかが疑問ですよね?

これは審査の時の在籍確認に必要だからです。報告を受けた勤務先が架空のものではないか、この職場にこの人物は本当に在籍しているのか。これを確認することで、信用できる人物であるかを確認しているのです。在籍確認の際には勤務先への電話もありますが、この時には消費者金融からの電話だとわからないよう、個人的な知り合いを装って連絡してきますから、借入が知られることもありません。(参考ページはこちら→融資で在籍確認があるのは当然?

また、中にはどうしても遅延や延滞を繰り返す、悪質な利用者というのも出てきてしまうため、本人の居所がわかるよう、自宅や勤務先を控えておく必要があるのも事実です。万が一、うっかり忘れていて返済期日が過ぎた場合、個人の連絡先に繋がらない時は職場へ連絡がくることもありますが、その際にも借入について、職場には知られるようなことはありません。

これも法律の中で、「第三者に債務者の借入に関する内容を報せてはいけない」と決められているからなのです。もちろん、これもやってしまうと違法です。まあ、遅延や延滞などの返済事故を起こさないようにすれば、このようなことを心配する必要もありませんから、ご安心を。

安心して借入をしようと思うなら、大手消費者金融を選択することをお勧めします。特に借入が初めてであれば、なおさらです。中小消費者金融にもいいところはありますが、その中に紛れている悪徳業者を見抜かなくてはいけません。消費者金融についての知識が浅い人には、リスクが高いと思われます。申込の際にも、疑問があればどんどんオペレーターへ質問し、不安や疑問を解消してから申込するといいですよ。

【参考ページ】
融資審査で必要とされている事を把握

キャッシングの利用には勤務先を教えないといけない?

お金を借りる方法は実に様々な種類がありますが、中でもキャッシングは無担保、無保証で利用でき、即日からも利用できるなど便利なサービスとなっています。(参考ページはこちら→即日融資可能な金融業者を探す

来店で申し込みができることはもちろんですが、無人契約機なら夜遅くまで対応していますので、仕事が終わってからもゆっくり手続きができますし、インターネットや電話を利用すれば自宅からでも24時間いつでも好きな時間に申し込みが行えます。(参考ページはこちら→大手なら大抵ネット申し込みが出来ます

キャッシングを利用するためには、まずは事前の準備はしっかり行っておきましょう。

この場合は、まずは本人であることを確認しなくてはいけませんので、運転免許証や健康保険証などの書類を用意しておきましょう。

その他には、消費者金融の場合は総量規制がありますので、現在の借入金額や件数も入力します。

そして、借入を利用するには、安定した収入を得ていることが大切ですので勤務先の情報の入力も必要となります。

勤務先を教えないといけない?のかということとなりますが、キャッシングを利用するには、在籍確認が必要です。

これはその人が本当に会社に在籍しているかを確かめるための大事な審査です。

そしてある程度まとまった資金を必要としているときは、源泉徴収票や給与明細などの収入を証明できる書類も必要ですので、勤務先の情報はやはり必要です。

勤務先の情報を知られることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融の場合も銀行のカードローンの場合も在籍確認が行われることが一般的ですので、勤務先の情報を教えないと、在籍確認が行えません。

それゆえに融資も受けられないということとなってしまいます。

勤務先への連絡では、金融会社が訪問で訪れるということもありませんし、在籍確認の電話の場合もキャッシングの審査とわからないよう、個人名などで対応してもらうことができます。

通常の利用では、勤務先に借入をしていることを知られる心配はありませんので、安心して情報を入力しておきましょう。