キャッシングの返済中にリストラにあってしまいました

キャッシングをしていて、もう少しで返済も終わる予定だったのですが、リストラが決まってしまいました。本当に予定外だったので、どうしたらいいのかわかりません。

返済中に職を無くした場合はすぐに借入先に連絡をして相談を!

こればかりは、ご自身の意思だけではどうしようもないことですからね…。しかし、返済も残っている中でのリストラはすごく不安だったでしょう。

このようなケースの陥った場合は、すぐに借入している消費者金融の相談窓口へ連絡を入れましょう。今後の支払いについての相談をしなくてはいけません。会社の都合での退職ですから、退職金などもきちんとあると思いますが、その額によって返済金額にももしかしたら変化があるでしょう。(参考ページはこちら→完済できるなら一括返済しておくと良い

質問者さまの場合は、急なリストラでだいぶ慌てたかとも思いますが、返済ももう少しで終わるところだったとのことですから、退職金の範囲で無理な返済できる可能性だってあります。

これがもし、病気などの自身の都合で退職をせざるを得なかった場合はますます不安になるでしょう。この場合には、必ずお客様窓口まで早急に連絡をしましょう。

急に職を失って返済能力がなくなったからと、消費者金融が掌を返したように対応が悪くなるということもありませんあkら、安心して相談して下さい。

そのまま放っておくと、ますます大変な状況を自分で作り出す事になりますから、どんないいづらいと思っても、絶対に連絡をして相談することです。一人で悩まず、オペレーターに話をして、よい返済方法で生活に無理のない形で完済できるように努めましょう。
(⇒後から返済計画を再構築しよう

急なリストラで困っている時にはキャッシング

お金で突然困る状況は誰にでも有り得る事で、自分の身に起こると精神的にも負担を感じます。楽しい趣味や余暇の為のお金とは違い、トラブルやピンチの時のお金の扱いは考えがネガティブになります。どんな時も楽しいお金の使い方が出来れば良いのですが、楽しい事ばかりでは無い現実は目の前に有るのです。ピンチの時のキャッシングは一つの選択に過ぎませんが、それでも大きな選択肢と言う事も出来ます。

トラブルがお金で解決するのなら、その方が確実性が高く簡単に済ませられます。解決出来る事が決まっている場合は、出来るだけ早くお金を用意する事が必要です。悩み続けるトラブルを背負い続けるくらいなら、お金を使ってスッキリ解決する方が良いと多くの人は考えます。多様な使い方が出来るお金は大きな力を持ち、キャッシングはその力を借りられる手段として存在しています。眠れない悩みは後々響きますから、お金での解決は長期的に見ても合理的なのです。

急な状況の変化はリストラと言う形で現れる事が有り、今までとは一変した立場の変化がやって来ます。リストラが直ぐに大きな問題となる事は有りませんが、少しずつ確実に問題が膨らんで行きます。新たな仕事を見つけられる事は何より安心出来ますが、それまで必要なお金の事を考える必要が有ります。キャッシングはこれまで利用してこなかった人に無関係では無く、リストラというピンチにあってからでも役に立つのです。

急な無職の状態は不安が高まりますが、落ち着いて諦めずに行動すれば良いのです。当面はお金の事を心配する必要がなくても、万が一に備えて置く事は重要です。リストラと無関係な時にキャッシングの事を知るのは良いですが、リストラにあってからでも遅くは無いです。キャッシングは審査が厳しい金融会社だけでは無いからこそ、トラブルやピンチの時にも大きな助けになります。審査が優しい金融会社が有る限り、突然の事態でも落ち着いて切り抜けられるのです。
(⇒審査の基準はそれぞれ違う事を理解しておこう

【参考ページ】
無職でお金を借りるのは不可能?