キャッシングで必ず通る秘訣があれば教えてもらえませんか?

今、キャッシングの申込を検討中です。せっかく申し込むなら、あれこれ探すのも大変なので、1回で審査に通りたいんですけど…キャッシングの審査に必ず通る秘訣ってあるんですか?あればぜひ、教えて下さい!
(⇒融資審査に通るコツとは

秘訣というより、コレは知ってた方がいいというのはあります

審査は勝ち負けではありませんから、必勝法のような秘訣というのはありませんが、「コレは知っていた方が確実性が上がる」といったようなものはあります。

まずは基本的な書類記入。インターネット申込でも、店頭申込でも、無人契約機申込でも同様です。誤字・脱字は禁物です。これで審査に落ちることもある、重要なことです。「この程度のミスで…」なんて思うようなレベルでも、お金に関係することですから、消費者金融会社もきっちりとしてます。場合によっては詐称しようとしたと判断され、個人信用情報に記録が残ってしまいます。こうなると、他の消費者金融で申込しようとしても審査に通らなくなってしまう可能性が出てくるので、気をつけましょう。
(⇒融資への申し込み方法はどんなものがある?

また、年収や現在の借入がある場合には、これをごまかさないことです。よく「借入があるのを知られると融資してもらえないかも」と隠したがる人もいますが、これは個人信用情報ですぐ調べられます。これが発覚した時点で、詐称として審査に通ることは不可能となります。

それともうひとつ。借入希望額です。借入が可能なのは年収の3分の1までです。これは法律で決まっていることなので、消費者金融はこれ以上の融資は行いません。また、これは1社ごとではなくて、借入しているすべての会社からの借入金額を併せての3分の1です。

この年収3分の1以上の金額を書いたり、初めての借入でギリギリいっぱいの金額を記入したりすると、「金銭面で何かトラブルを抱えているのではないか?」と疑問視されるので、金額を下げられる以前に融資そのものを断られる可能性もあります。

審査で判断されるのは、その人物が信用できるかということと、希望額に対して返済能力がどのくらいあるかということです。信用できると判断された場合、希望額に返済能力が若干及ばないと判断された時には、もっと低い額でなら融資が可能だという提案もされます。しかし、少しでも疑わしいと判断された場合には、融資そのものを断られます。

結論としてまとめると、申込時には絶対にごまかしたりしないことやが、審査に通るために必要になります。また、他社での借入もごまかしてはいけません。但し、正直に書いても、年収の3分の1をオーバーする場合やあまいりにも多くの消費者金融での借入がある場合、返済事故歴がある場合には審査に通らないので、念のため。

必ず通る・ほぼ通るキャッシング業者について

必ず通るキャッシング業者というのはまず存在しません。ごく稀に街金などと呼ばれる街に存在する小規模な消費者金融を装った金融業者の場合必ず通るなどと銘打っている場所をありますが、ヤミ金などの法に接触する悪徳業者の場合があるので利用は慎重にしなくてはなりません。そもそも2010年に改正された貸金業法が完全施行され、その項目の中には総量規制というものがあり、前年度の年収の3/1以上の額を融資することは法的に禁じられています。
(⇒まともな金融業者は全て審査後に融資します

このため、年収3/1以上の額を貸し出すような消費者金融の場合は法律を度外視したヤミ金の可能性がとても高いといえます。尚、この総量規制は借り入れを行う申請者本人ではなく、消費者金融側が主に法令によって罰せられます。

そのため、各消費者金融は申込者が申請額の3倍以上の年収があるのかどうかを入念にチェックします。一般的に消費者金融においても銀行であってもキャッシングの審査では安定した収入があるかどうかが最も重要視され、収入の高さは審査結果にほとんど影響を与えませんが、年収の3倍以上もの額を申請した場合にはまず間違いなく、審査に落とされます。

総量規制というものは貸金業者、つまり消費者金融に適応されるものであり、銀行には適応されませんが、消費者金融よりも審査が厳しい銀行で無条件に年収の3倍以上の額を融資してもらうのはそもそも難しいです。もちろん銀行には消費者金融にはない金利が低いというメリットがありますが、審査が厳しく、融資までに時間がかかるという欠点を抱えています。逆に消費者金融の場合であれば、金利が銀行と比べてやや高くなるかわりに審査がぬるく、融資までの期間が短いことが利点です。

最近では即日融資なども増えており、申込んだその日に融資を受けられる消費者金融も非常に増えてきました。このように審査が優しい消費者金融ですが、より審査に通過する確率をあげたい場合には大手企業ではなく、中規模程度の消費者金融が審査がさらに緩くお勧めです。